上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
子供会の80人越えの大合奏。

今日で第6回目の練習が終わりました。

今どきの小学生は忙しいので、来れる日だけでも参加してもらいたくて、いろんな曜日に練習日を設定しています。もちろん全出席の子もいます。

今日は鉄琴パートの子に付きっ切りで一緒に練習。臨時記号が多くなかなか厄介なパートです。鍵盤に慣れている子ならそう苦労もしないだろうけど、そうでない子にとっては大変。それでも一生懸命何度も何度も練習して、今日の目標はクリア!次回もそこは自信を持ってできることを祈ります~そうなれば後は音の並びを覚えるだけ。きっと出来るよ!頑張って!

音楽指導は合唱の先生がメインでしてくださっているので、私はもっぱらマネージメント業。大会企画の市の方との打ち合わせや、練習場所、当日の段取りの案内。最終打ち合わせに入って具体的な姿が見えてきました。

演出もいろんなお母さんたちから意見がでたりで、益々パワーアップしてきました。お父さんたちにちょっと盛り上げてもらうような演出も取り入れましたが、エスカレートして悪ノリしないようにストップをかけ、子供たちが一生懸命練習した成果を最大限発揮できるように、大人たちはあくまでサポート。今回の大人の役割は子供たちと一緒の成功を目指すこと。子供たちも楽しませるピエロの役割ではないことをちゃんとお伝えしておかねば、サービス精神旺盛のパパたちが暴走しそうなんでね

本当に協力的な保護者のみなさんです。小学校自体が小規模なのでとてもまとまりのあるよい雰囲気なのです。

あと10日、練習もあと2回。次の練習で全体の流れ、立ち位置の確認、総仕上げへともっていきます。



pagetop
次男の小学校校区内にある4つの子供会が合同で合唱&合奏をすることになりました。

市の子供会連合会が発足して今年が50周年、その記念大会が2月16日に市民ホールで開かれます。市内にたくさんある子供会を対象に「何か発表をしてくれるところ手を挙げて~!」を募集がかかったところ、我が校区子供会は「何かやってみよう!」と積極的な行動に出たのです。役員のお母さんたち、なかなか凄いチャレンジ

手を挙げたものの、さて何をしよう?何が出来る?

最初の会長さんの案は「リコーダーアンサンブルをしてみたらどうだろうか、音もきれいだし」というものでした。そこで私のところに相談に来られたわけです。うちの子も子供会の一員ですし。

ただ、市民ホールは1000人も入る大ホール。そんな大きなホールで数人のリコーダー演奏は音量も小さいし、もし他にヒップホップダンスなどの賑やかな音楽のものが並んでしまうと、せっかく子供たちが頑張ってキレイな音色を奏でてもちょっと頼りない結果になってしまうのではないかという心配がありました。そこで、どうせなら子供会のみんなで器楽合奏をしてみたらどうだろうかと提案しました。

子供会というと町内会の一部というところが多いので、同じ校区内でも複数の会が一緒になって行事をするということはあまりありません。はたして協力が得られるのか。合奏となるとその日限りと言うわけにはいかないので練習もそれなりにしなくてはなりません。そのうえ1年生から6年生まで入り交ざっての合奏となると出来ることに差があったりして、本当に完成するのだろうかと不安材料ばかりです。

もちろん私一人ではどうにも出来ないのですが、幸いお隣の子供会に合唱団の指導をしてらっしゃるお母さんがおられるので、その方と一緒になんとか進めていきましょう!と昨年末にプロジェクトスタート!

参加者は保護者を含めると80名余り。8回設定した練習日。みんな習い事があったりするけど、来れる日だけでも頑張って来てください!と案内するものの、実際はどのくらい練習に集まってくれるのか、どこまでも不安が続きます。


今日4回目の練習が終わりました。
なんと嬉しいことに毎回4~50人集まってくれています。各子供会の会長さんたちが連絡や引率を徹底してくれているのです。凄い!!

合奏の曲目は「あまちゃんのテーマ」
リコーダー、鍵盤ハーモニカ、木琴・鉄琴、打楽器の4つのセクションに分かれてパート練習。リコーダーに関しては低学年と高学年では吹ける音数が違い、鍵盤ハーモニカも低学年では難しい子もいたりで音を省いたりリズムをシンプルにしたりしながら頑張ります。
この曲、最後に転調するのですが、それもハ長調からホ長調と♯が4つもつきます。転調への過程も鍵盤が和音で一ずつ上がっていくので難しい。
リコーダーにいたっては♯4つなんてありえない。しかもしかもジャーマンのソプラノリコーダー。
Fis E Fis Gis←超難関
 (5年生が学校の音楽会でこの合奏をするらしいが、先生この難所を克服させているのだろうか?!バロック式使ってればなんてことないのにね)


ふざける子、チャチャ入れる子、そもそも音楽が苦手な子、いろんな年齢のいろんなタイプの子がいます。でも回を重ねるごとに、学校の音楽会で同学年だけで合奏することとは一味違う面白みを感じてくれているような気がします。高学年は低学年の手前ふだんより“頑張ろう!”と思ったり、低学年は上手に演奏する高学年を見て憧れたり、毎回刺激たっぷりの2時間。

今日の練習ではようやく少しまとまりが見えてきて心配が少し薄れました。このままのペースで楽しく本番までもっていければ、前代未聞のプロジェクト、なんとかなりそうです

お母さん方もホントにホントにご苦労様です
あまりの大音量に私は練習のあった日はダウンしておりますが
pagetop
久しぶりの子供会ネタ。

遠足で白浜アドベンチャーワールドへ行ってきました。白浜といえば海に温泉、関西の屈指のリゾート地。泊まりで行くところというイメージだったのですが、高速が近くまで出来たおかげで片道2時間半くらいでいけるようです。

7時半にバスで出発、渋滞もなく、車内では6年生企画のレクリエーションゲームなどで退屈することもなく予定より早く白浜へ到着。少し時間があったので定番「とれとれ市場」へ寄り道。新鮮なお魚がたくさんあるけど今日は帰りが夜になるので買えなくてヒジョーに残念

DSC_0445_convert_20130530134332.jpg
よくあるお土産海鮮センターよりクオリティー高いように思う

DSC_0449_convert_20130530134118.jpg
お魚もピチピチ跳ねてました

DSC_0446_convert_20130530134048.jpg
マグロの解体。運よく試食にありつけた


前に来たのはいつだったかな?よく覚えてないけど、そのころは無かった海の見えるオシャレなバイキングレストランで先に昼食。揚げたての天ぷらやローストポーク、和歌山らしくミカンポン酢ドレッシングやマグロのサラダなど、美味しくて豪華なバイキングでした。お値段もお手ごろで、近くだったらちょくちょく来たいーと思うお店でした。アレルギー体質の子もいたのですが、彼が食べられるもの思いのほかたくさんあってよかった。

DSC_0451_convert_20130530134142.jpg




いよいよメインのアドベンチャーワールドへ。

去年パンダの赤ちゃん“優浜(ゆうひん)”が生まれたニュースはご承知のとおり。この子を見るのが目的の一つです。マリン系のショーとサファリ、パンダをめぐるコースをざっと計画して、いざ出発。6年生の次男は友達と行動するので私は気楽なものです。なのでお友達の3年生の男の子たちと一緒に回ることにしました。

DSC_0452.jpg
同じスマホで撮ったのになぜサイズが小さい???


まずはペンギン館へ。

実は・・・・

ここのペンギン館、わたくしトラウマなのです・・・

何が?って、以前訪れたときのショックが大きくて・・・ゾッとする・・・気味悪い・・・恐ろしい・・・(ペンギンさんたちゴメンナサイ)

ペンギンさんそのものは愛らしいし、ぽっこりしたお腹もかわいい

水中で泳ぐ様子を見てそのまま上の階へ上がって…

薄暗い通路の先に現れる光景…

「ペンギンコロニー」

壁面全体に何十万羽もいるコロニーの写真。

そして振り返ると本物のペンギンたちが直立不動・・・

何が怖いって、その数と、

生きているにもかかわらず微動だにしない不気味さ・・・

思い出しただけでも、あわわ・・・・

恐るべし光景(ごめんなさい)の写真を撮る余裕はなかった。
なので様子を載せてらっしゃるブログを貼り付けさせてもらっちゃいます。

「MeuzのBlog」
「ソニーな、お店が大阪にあった!」

二つ目のブログの方の写真、とってもキレイ。

だけど10枚目の写真が・・トラウマ写真

あ、あかん・・思い出しただけでもゾワッとするのに、見たら夢にみる・・・

とはいえ、このペンギンの飼育数は世界有数の規模、日本で皇帝ペンギンがいるのは名古屋水族館とここだけだそうで、実はペンギン王国だったのですね。



えー、気を取り直して、
アニマルショー。そんじょそこらのアシカショーとはわけが違います。さすがAWS。マリン系だとばかり思っていたら、ヤギやら犬やらかわうそ君にアヒルさんたちまで、いろんな動物がお茶目な演技を見せてくれます。何がすごいって、人間が目の前で合図していなくてもアヒルやヤギまできちんと決まったルートを歩いていくなんて!何気にやってるけど、凄く調教されてるスゴ技なんだと思います。

そしてメインのイルカショー。以前はシャチがいてその迫力たるもの凄かった。シャチとパンダがAWSの代名詞だったけど、シャチがいなくなった今は、その大きなプールで見せるイルカたちのハイクオリティーな技と人間との絆みたいな情に訴えかける演出。平原綾香の歌で感動を誘います。さすがに見ごたえのあるショーでした。

DSC_0455_convert_20130530134209.jpg

次はサファリゾーンへ。ケニア号に乗って山岳地帯の動物たちや、ライオン、ホワイトタイガー、チーターの無駄の無いスタイル、ウォーキングサファリでサイに触れる人間たちを見ながらぐるっと一周巡りました。


いよいよお待ちかねのパンダちゃん
夕方近くになるとお休みタイムでお部屋の中に。


寝てるのね・・

DSC_0461_convert_20130530134235.jpg


干された着ぐるみか???

いやいや、この子は優浜(ゆうひん)のお母さん良浜(らうひん
人間もパンダも子育ては大変よね。ぐたっとくつろいでくださいな。

DSC_0453.jpg

ちなみにこちらは永明(えいめい)。一番古株のお父さんパンダ。
人間もパンダもお父さんは休みの日にはこうやって転がってねるのよね。



子供たちはジェットコースターにも乗って大満足。
せっかく遠くまで来たのに時間が短くて物足りないかなと思っていたけど、十分堪能することができました


たっぷり遊んで、翌日何度も

「昨日は楽しかった~」

と呟く次男

よかった、よかった。

DSC_0460_convert_20130530134303.jpg
パンダ饅頭





pagetop
夏祭りのシーズンです

一年前のブログにも記したと思いますが、我が子所属の子供会では会員数の減少などにより今年からお祭りの開催を断念しました

ところが今年お隣の子供会さんから「よかった一緒にしませんか?」とお声を掛けていただきました。
地域性が強くて伝統のあるお祭りという行事。
はいはい!じゃ一緒にやりましょっ
なんて軽く上手くいくのか・・・と不安を抱えつつも、双方の会長さんはじめ役員さんたちは試行錯誤しながら打ち合わせ、準備にと奮闘しておりました。

我が子供会の例年のお祭りは、だんじりの巡行と縁日をメインにしておりました。お隣の子供会さんは基本的にだんじり巡行だけをされており、そこで今年はお隣の子供会のだんじり巡行にうちの縁日を合体させて一緒に楽しむというスタイルに決定。



我が子供会の三種の神器である“かき氷”“たこせん”“キュウリの浅漬け”を武器にいざ出陣


おお!伝統は引き継がれている~

さすが手馴れたものです。母たちはみな手際よく振る舞います。



二つの団体が一緒に大きな行事をするとどうなるのかと思っていましたが、お互いの習慣やエリアを踏みにじらないいい距離感で、それでいて協力できていて、何より子供たちは何の違和感もなく楽しんでくれていて、大成功でした。

お世話をしてくださったみなさんに感謝です


日本全国、子供の数は減る一方。子供会どころか学校も存続の危機にある昨今。無駄は省いて効率よく・・・かといって何でもかんでも無くしてしまっていいものか。地域の繋がりって無いよりあったほうがいいと思うんだけどなぁ。家族や友人との付き合いがあるからそれ以上は必要ないという人もいるけど、そうかなぁ過剰な負担を強いることは必要ないし、出来る範囲で協力的な気持ちを持つことだけで何がか広がっていくのではないかな。あたまからいらない、しないとするのはもったいない。

うちの子供会は伝統的にアットホーム。いい意味でそこまでカチッとしてないというか、若干アバウトな雰囲気も漂う会なのですが、だからこそみんな親戚みたいな関係になっているんだと思います。親たちにしたら子供たちはみんな甥っ子姪っ子。こんなふうに育った子供たちが20年後にはまた同じように次の世代の子供たちを育てて行ってくれるだろう、そうやって繋がっていって殺伐とした社会を払拭していってほしいと願うのです。

         531331_309376469157497_1915696485_n.jpg
           二種類の法被で仲良く集合



pagetop

2012/05/22

いちご狩り

子供会の遠足でいちご狩りにいきました

下見に行ったときにもブログに書きましたが

「“堺のパラダイス”南楽園」

Image331.jpg

Image330.jpg
元取ることばっかり考えてお腹痛くなっても知らないよ~


いちごハウスの前で注意事項を聞いて、
さぁ、時間無制限食べ放題一本勝負の始まり~


Image334.jpg

Image332.jpg

とっても甘くて美味しいイチゴ。巨大なコンデンスミルクも準備してあったけど、そのままで十分甘い。器に山盛り4~5杯食べてる子もいて、みんな大満足

この後バーベキューなのに食べられるかな…っていうくらいたっぷりイチゴ堪能しました


バーベキュー会場までのんびり移動。とても広い園内。あたりにはミカンの木がたくさん。いい香りがします~

Image340.jpg
ミカンの花が咲いている~♪

Image335.jpg
イチゴの花


ミカン山の急斜面を登ったり降りたり、1年生~中学生まで入り混じってみんな子供たちは楽しそう!親たちはまったりご歓談。曇り空だったけど、暑すぎず心地よい気候でのんびり。

さっきたらふくイチゴを食べたことも忘れたかのようにバーベキューをいただいて、子供らはまた野山に散っていきます。

Image336.jpg


さて、下見の時にも気になっていた「洞窟喫茶」へ行ってみよう。

Image344.jpg

入り口でフレッシュジュースを注文して洞窟の中へ。
凄く涼しい…というより寒い。
テーブルも椅子も冷え冷えで、冷たいジュースを頼んだこと後悔する…

Image341.jpg
天井からしずくがぽたぽた落ちてくるので殆どのテーブルにビニールが掛けてあった


アスレチックや釣り堀で遊んでいた人もぼちぼちと戻ってきて、そろそろお帰りの時間。
子供はたっぷり走り回り、大人はたっぷりのんびりできた楽しい遠足でした


pagetop
子供会の春の遠足の下見に行ってまいりました。

イチゴ狩りが出来るところがいいと、
次期会長さんがネットで見つけてきた観光農園。
“パラダイス”の匂いがプンプンする穴場な予感


高速降りてしばらくは街中を走っていたのに、気づけば周りは山。
有名農業公園「ハーベストの丘」を横目に通り過ぎ、山を登っていきます。

ナビではそろそろ目的地。
どこにあるのかちょっと不安になってきたころ…
手作り感満載の看板を発見


Image258.jpg

「南楽園」
映画村のような門構え。
うん、うん、パラダイスなんじゃない~
だって、ほら、よく見て!


Image259.jpg



改めまして、ここは一体どういうところかというと、
年中味覚狩りが楽しめて、いっぱい遊べるお山なのです

Image260.jpg


事務所でおばちゃんが丁寧に説明をしてくれました。
イチゴ狩りとバーベキューのプランを検討。
他にも釣り堀やアスレチックもあって、一日たっぷり遊べそう。
とても良心的な料金システムで、なかなかの好印象。

その後、楽園内を見学させてもらいました。

まずはイチゴ

Image261.jpg
かわいいーー
今はハウスだけど、2段の棚で育てられるから屈まなくていいし、
目の前に赤い実がいっぱいでテンション
一粒試食。
甘くておいしかったよ~
コンデンスミルクも置いてくれてたけど必要なし!
これは大人も子供も喜ぶだろうな。


次に広大な敷地(山)を一回り。
チャボの小屋を通り過ぎると、

ヒィッ

Image263.jpg
なぞのウシとおじさん



みかん山を抜けて釣り堀へ。
結構大きな池には金魚や鯉がいるそうです。

300人収容可能なバーベキュー場と広場を確認。

またみかん山を越えてアスレチックへ。
山はけっこう急こう配。なかなかのスリルです。

手作りアスレチックと書いてあったので、
数も少ないだろうし期待もしてなかったのですが
なんのなんの、立派です。充分です。

Image267.jpg
思わず乗ってしまう、御歳五十うん歳の名誉幹事さま


シーズンオフで閉まっていましたが「洞窟喫茶」なるものもあり、
(その昔薬品庫として使われていた洞窟を利用した喫茶店)
アヒルがガーガーちょこちょこ歩いていたりと、
今時の垢ぬけた施設ではありませんが、
想像以上のスケールのパラダイスでした。


これは穴場発見ですよ。
大阪近辺の子供会や幼稚園さん、いちどお試しあれ。



  四季を楽しめる味覚狩りの里
   南楽園






pagetop
子供会の新たな試み、単独でのフリーマーケット。

お盆のころまでカンカン照りで暑くて暑くてたまらない日々だったのに、
なにこの週間予報…
雨くもりくもり雨くもり雨雨………
雨なんか降っちゃったらもうエライことです
気温も下がっちゃって、これじゃ名物のかき氷も売れないよ~

気が気でない数日でした。


いよいよ決戦の火曜日
やっぱり曇り空。天気予報は9時~10時頃にマーク。

なんとかお天気頑張って~

とにかく準備!
朝早くからみんな続々と集合。
会場セッティング、大量の商品搬入、子供たちも総出で大忙し
目の前では地蔵盆の準備にも大忙し

準備がひととおり出来たら、今度は子供たちメガホン持って町内を宣伝に回ります。

 10時からフリーマーケットを開催します~
 かき氷も売ってます~
 みなさん来てくださ~い

大人は開店前の朝礼(?)を済ませ、いざ開店!!
(オイオイ大阪のおばちゃん!開店前から狙いの商品抱えて勝手にレジ済ませようと乗り込んできてるやん…

CIMG2280_convert_20110824214841.jpg
いらっしゃいませ~


CIMG2281_convert_20110831144152.jpg
おつり間違ってない~?


人の心配をよそに、雨どころかお日様が
お昼を過ぎると気温もグングン上がってきました。
通りすがりの中学生たちもかき氷で涼んでくれます。
商品のクレヨンも溶けてドロドロに…あちゃ~

暑くなってくるとさすがに朝ほど人通りもなくなって、すると…
子供たちが自らメガホン持って、

「宣伝に行ってくる!」

おおっ!素晴らしい

これでこそ子供会!
プロの業者顔負けのセリフ回しで大きな声で頑張ってくれました。

そんなみんなの力で、初めてのフリーマーケット大成功
収益はこれからの子供会の運営に当てられます。子供たちが積極的に参加できる企画がもっともっと出来るように有意義に使っていきましょう。

実質1ヵ月ちょっとの期間で会員のみなさんお家の中に眠るお宝をどんどん探してくださり、準備から当日も夕方まで一日大変な労力を費やしていただき有難うございました。トラブルもなく無事に楽しく終えることができて本当に良かったです。
実際に動いてみると、事務的なことから細かい作業、力仕事までいろいろすることはあったけど、みなさん手分けして協力してくださいました。
快く会場を貸してくださった店舗、快くホスターを貼らせてくださったお家やお店、地域の方々のご協力があってこそ出来たことです。

感謝
pagetop
来週のフリマの準備をしてまいりました。

会員さん各家庭から提供していただいた品物を種類やサイズで分けたり、当日運び出しやすいようにまとめたりと、なかなかの作業でした。現役会員と一緒にOBさんたちも汗水たらしてお手伝いくださいました。いつもお力を貸していただき、ホントに有難いです

子供服や絵本、おもちゃ、鞄に靴、タオルや食器類…

面白いところでは、ゴルフのクラブやポップアップトースター、花火や1メートル級のスティッチなどありとあらゆるものが揃ってきております。

こんなにたくさん物があると、それだけでなんだか嬉しい~

自分のものではないけど、物持ちになったきがして

物欲が強いのかな


ポスターも地域の皆さまのご協力をいただいて、いろいろな所に貼らせていただきました。

スーパー、コンビニ、パン屋さんにお風呂屋さん、
病院、マンション、本屋さんなどなど…

皆さま快く「いいですよ」と言ってくださり感謝感謝です


当日は平日のためほぼ女性陣での設営・運営。

子供たちもお店番の当番をきめて、
開店前にはスピーカーを片手に町内をアナウンス。



なんとか混乱なく出来ますように。



沢山のお客様のご来店をお待ちしております



pagetop
一昔前ある種ブームになりリサイクルやエコ意識とマッチしてすっかり定着したフリマ。

私も4、5年前に友人と一緒に何度がお店を出しました。
小さくなった子供服が中心でしたが、うちでは使わなくなったあらゆるものを持っていきました。さすがに人の好みはいろいろで、こんなのいる?!っていうものでも買ってくださいました。もちろんお値段はそれなりですけどね。それでもゴミになってしまうより、使ってもらえるなら有難いことです。


23日に初めて子供会で出店することになりました。
初めてのことなので勝手が分からず探り探りで準備をすすめています。
10世帯以上の家庭から持ち寄った商品の数々、まず管理が大変
それでも皆さんのご好意で出してもらった品物の売り上げは子供たちの楽しめる企画にあてていくので、整理したりお値段つけたり、楽しい大変さです

昨日はうちのクローゼットの奥にあった開かずの段ボールを御開帳
子供らの小さくなった服が出てきました。

小っちゃい~!こんな小さいのが着れてたなんて~

当然見覚えのある服ばかりで、これを着てたころはあーだった、あれを着てた時はこーだったと思い出がいっぱい。男の子だからか子供が大きくなるにつれてブランド品などは殆どなくなって、とても知り合いに差し上げるような代物はないけど、まだ着れるし捨てるにはもったいないな…と置いてあったものたちです。こんな物でも使ってくださる方がいらっしゃったら嬉しいなと、今日は一日アイロン掛けに明け暮れました

23日朝から近くのホームセンター駐車場にて店開き。
子供たちも6年生を中心に当番を決めて自分たちでお店番をしてくれます。
元気いっぱい
「いらっしゃいませ~」言えるかな?

当日は地蔵盆、目の前のお地蔵さんの前には子供たちの名前の書いた提灯が並び、町会や婦人会の皆さまがお祭りをしてくださいます。
地域と一緒に盛り上がれたらいいな~

お近くの方ぜひ覗きにいらしてくださいね。
名物「かき氷屋」も登場しますっ
pagetop
今年の夏も暑い暑い暑い暑い~

法被をまとって曳き歩くこと90分。ようやく見えたかき氷
例年サッと綱を離して我先にと走っていく子もいるのですが、
今年はみんな最後までしっかり引っ張ってくれました

「はい!お疲れ~ みんな氷貰っておいで~」

みんなかき氷機の前に群がります。
一昨年購入したまだ真新しいマシンはフル稼働
大きな氷がどんどん雪のようになっていきます。


喉が潤い、体の熱が放出されると次は

「たこせんちょうだい~」

「キュウリちょうだい~」

CIMG2189_convert_20110719011928.jpg
どんどんお食べ

ん~ 冷やしうどんも頑張れ~ 暑くて疲れて食欲もお疲れ気味かな。


一通り食した子供たち、今度は店番をしてくれるようになります。
誰が言うわけでもなく自然と。

「かき氷ひとつちょうだい!」

店員さんとお客さんが入れ替わり!
氷をかく子、みつをかける子。分担作業でせっせと作ってくれます。

隣の体育館でバレーの練習をしているママさんたちにもかき氷と冷やしうどんの差し入れをして、しばしの休憩タイム。


ホッとするのもつかの間…

「ママ~落ちた

「??」

息子が太鼓台によじ登って遊んでいてそこから落ちたとか

大したことはなかったのですが、両手はちょっと腫れて腰も痛いというので、夕方からの巡行は参加せず仕方なく私も本部待機組に。

さぁ、もうひと頑張り、2回目の巡行スタート。
行ってらっしゃ~い!と送りだし、さて、始めるか
食べ散らかしたテーブルやそのあたりを待機3人で大掃除。
90分後にまた始まる怒涛のかき氷攻撃に備えます

戻ってきたのは6時半。
想定内のかき氷攻めの後、
今度は流石に腹ペコ君がたくさんで、おうどん大盛況!!
70玉分のおうどんがあっという間に売り切れてしまいました。


準備に走り回った役員さんたち。当日汗だくになって動いてくれたお父さん、お母さん。元気いっぱい遊んでくれた子供たち。
みんなお疲れ様でした。
私の人生と同じぐらい続いてきたお祭りも、太鼓台の老朽化や少子化等のため今年で最後になりました。
準備や気遣い、いろいろと大変だったけど、来年からはもうないのかと思うとそれはそれでやっぱり残念。
子供たちに申し訳ない気持ちもあります。
その分、子供たちが主役になって楽しめる企画をもっと考えていこうと心に誓うのでした

まずは初めての試み、来月のフリマ!子供のお店も出します。
たくさんお客さんがきてくれますように…


CIMG2167_convert_20110722174226.jpg
お疲れ様でした
pagetop
子供たちの声と太鼓の音で巡行の始まり。
町内の道をほぼくまなく歩きます

袋小路もバックで入っていきます
お父さんたち、力いっぱい太鼓台押して走ります
お母さんたち、曳き綱担いで走ります


炎天下、一時間半え~んやこら

CIMG2164_convert_20110719011802.jpg


声って大事。
スポーツでも一緒だと思うけど、疲れてきたときこそ特に
そのためには太鼓のリズムが要!
子供たちが太鼓をたたくので、どうしてもだんだん早くなったりバラっとしたりしてしまう。でもリズムと声がバッチリ合った時、一気に全体がまとまる。声も大きくなってテンションもあがる~
太鼓や掛け声がだらけてくると、疲れも倍増。
オッサン化しているママもおりました

すると突然ミストシャワーがっ!
友達がホースで雨を降らせてくれました。

気持ちいい~

これまたみんな

味をしめて、次にお家の前を通過する会員さんにお願いして恵みの雨を降らせてもらっちゃいました


子供も大人も暑さに耐えて、無事帰還。
さぁ、お待ちかねのかき氷~~

CIMG2176_convert_20110719011850.jpg
pagetop
毎日更新をと思っていたけど、やっぱりこの二日間はダメでした

週末は子供会の一番大きな行事、夏祭りの二日間でした。
何カ月も前から会長さんはじめ皆で準備をしてこの日に臨みます。
嬉しいことに子供たちも楽しみにしてくれているので
頑張りがいもあるってもんです
同じ小学校の子供でも住んでいる地区が違うと別子供会になるのですが、

「うちの子供会の方が楽しいねんで~

って、友達に自慢してくれてる子もいるそうで
まぁ、言われた方は

「こっちの方が楽しいしぃ~

みたいな軽いバトルがあるとかないとか


朝から本部である小学校に集合。
お父さん達は太鼓台の組み立て、お母さんたちは本部設営。
沢山のジャグにお茶をいれて、沢山のクーラーボックスに氷やジュース、食材をスタンバイ。足りないものはないかチェックして、動線の確保もぬかりなく。


今年の縁日

お祭りの定番「たこせん

一昨年からみんなに大好評「冷やしキュウリ」&「冷やしトマト

ノドごしつるっと「冷やしうどん

夏祭りには欠かせない名物「かき氷



準備も整い子供たち集合。

巡行前のご祈祷に子供たちも神妙な様子。
お米と紙吹雪が舞い、安全を祈願して、いざ出発

pagetop

2011/07/15

夏祭り

私の住まう地域の氏神様。少し広い区域で見ればあるのですが、その神社のお祭りに参加するというよりは地区の子供会でのお祭りを独自に行っています。
毎年神社のお祭りが7月の連休にあり、同じ校区内の子供会もその日にお祭りをしているところが多く、私たちも明日・明後日に布団太鼓の巡行と縁日を出します

近年は地域住民の繋がりにあまり興味を持たないご家庭も多く子供会には入らない、中には町会にすら入らないとおっしゃる方もおられるとか。(例えば街灯は町会費で賄っているし住民の皆さんには道を通るのだから入っていただきたい。…町会談)
おかげさまで我が子供会も年々規模が小さくなってきています
確かに会に属すと必ず何かしら役なるものがついてきたり、余計なかかわりまで持たなくてはならないことが起こったりと面倒なことが多いのも残念がら認めざるを得ません



子供会のイベントの時期になるとよく「大変ね~」とか、特に新しいコトを始めようとしたりすると「大変なのにそこまでやるね~」というようなことを言われます。
正直そんなに大変なことはしてないんだけどな~
どうせするなら楽しい企画になればいいと思うから、大変だと感じないのかな。大変でも楽しかったら苦じゃないし。逆に楽しくない人にしたら単に苦痛なだけなんでしょうね

人それぞれ価値観も違うし、優先順位も違うから仕方ないけど、幼馴染のように年齢関係なく小さいころから一緒に遊んで成長してきている子供たちを見ていたら、やっぱりイベントは成功させてあげたいなと思うのです。大人も一緒に作り上げる喜びや、達成感みたいなものも少なからず感じられると思うし


たこせん、冷やしきゅうり、冷やしうどん、かき氷。

子供も大人もみんな大好き

恐ろしく暑い2日間になると思うけど…

がんばろう
pagetop
まるでスペース・ファンタジー・ザ・ライドのスタートのように
ちょとわくわくドキドキするようなトンネルを抜けると
目の前には鳥羽湾の波しぶきを間近で感じられる砂浜。

子供たちは我先にと着替えて、すでに臨戦態勢?!
波打ち際へ走る子や、もう砂を掘ってる子や、
みんな一気にテンション

海ってやっぱり解放感~

しばらく遊んでいると、お待ちかねの潮干狩りのアナウンス。

あれ?

よく見たら砂浜の波の届かない場所にロープで囲ってあるエリアが。
今時の潮干狩り、アサリはまかれているとは思っていたけど
5m×10mぐらい?のエリアを参加者全員(300人??)で「せーの」で掘りまくる!!

もちろん出るわ出るわ、ざっくざっくと大判小判

普通の潮干狩りっていったら、そうアサリは見つからないし、腰は痛いしで結構大変なのに、こんなに楽ちんで面白い潮干狩りなら子供たちも飽きることなく宝探しみたいに楽しんでいました。

ほどよい時間で砂中の貝もなくなり、みんないっぱい捕れた~と大満足で潮干狩り、ハイ終了。


次なるイベントは魚つかみ。

砂浜を地引網で囲ってその中にお魚たちを放して、それをみんなで襲うのです。( お魚さん、ごめんねぇ )
鯛や鯵、タコやフグみないなの、シマシマなのもいました。

こちらも係員さんの GO! の合図で一斉に突撃~~!!

平気な子は次々に大物をget、追いかけても追いかけても逃げられる切ない子、子供にいいところ見せようと頑張るお父さんやおじいちゃん。
みんな楽しそうにジャブジャブしていました。

捕まえた魚はその場で血抜き…
海の男に一気にグサっと〆てもらい、お持ち帰り~

その後はみんなでお弁当を食べて、アサリ汁をしこたま飲んで、
まったり海を満喫する…
いえいえ、子供らはまだまだパワー全開なので、冷たい海にガタガタ震えながらも入っては出て砂に埋もれて温まってまた入って砂に埋もれて入って埋もれて入っ埋も入埋入埋入埋……


そんなこんなで、全員ケガもなくたっぷり遊んで
帰りは竜宮城みたいな船に乗って
あおぞら号に乗って
無事に帰還したのでした。

幹事さんありがとうございました。
次の企画も楽しくやりましょう。

Image050.jpg
ぷにゅぷにゅアメフラシ







pagetop

2011/05/18

人魚と共に

あおぞら号に乗って大人も子供も全力でワイワイガヤガヤしていると

あっという間に鳥羽に到着。

鳥羽駅から歩いて5分くらいのフェリーターミナル、

最近出来たような新しいターミナルでした。

Image047.jpg



この船、船体の桜も凄いけど、上に大きなカモメと、

なぜか微妙なお顔立ちの人魚がデッキに二人、
下の階では添乗員に扮した人魚も。

なんとも印象的な船に乗って、磯の香りと、潮風を浴びながら

15分でイルカ島に到着。

Image049.jpg


レトロな看板のお出迎えを受けて、いざ上陸。

イルカプールの横のトンネルを抜けると、そこは砂浜。



さあ!待ちに待った潮干狩り~


pagetop

2011/05/17

あおぞらⅡ

日本一の私鉄、近鉄沿線に住まうものとしては

憧れの電車

あおぞら号

Image046.jpg


団体専用の貸し切り列車で、

私の故郷では小学生はみんなこの列車に乗って

鳥羽・伊勢へ修学旅行に行ったものでした。


今回は子供会の遠足で、このあおぞら号1両を貸し切ってもらい

まさに修学旅行

目指すは鳥羽・イルカ島!
pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。