上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
以前からお世話になっている同世代のピアノの先生が携わっておられるイベント。そのお手伝いをさせていただくことになり、今日打ち合わせにお邪魔しました。

「はじめまして
とっても明るい主宰の先生と、そのお弟子さんである若手の先生をご紹介いただきました。皆さんピアノの先生でちょっと分野は違うけれど、音楽繋がりがまた広がって、ワクワクします

とてもバイタリティあふれる先生方。
子供たちに音楽の楽しさを知ってもらうためにと
沢山のアイデアが飛び出す企画会議です


音楽の世界、
高きを目指すとコンクールやコンペティションに走りがち。

「2位じゃだめなんですか?」

やはり、上を目指してこそ技術も身に付き、学ぶことも増え、
今まで見えなかったことも見えてくるようになるので
ステップアップにはよいチャンスなのかもしれません。

ただ、初めからコンクールありきでスパルタになってしまうと、
負担が大きく感じる子や、本来楽しいはずの音楽を奏でることが、
そうでなくなってしまうかもしれません。

音楽の導入期に、

演奏することは楽しい

聴いてもらうのは嬉しい

そんな経験をさせてあげたい!という強い想いの企画作り。
とっても楽しいコンサートになりそうです

pagetop
ほんっと毎日暑いですね

今年は今まで以上に節電モードで、
働くお父さん達はクールビズ。
ノーネクタイとかポロシャツとかは分かるんですけど、
なんでアロハなんですかね?
アロハの柄じゃなくても、開襟シャツってことでよろしいのでは??


それでも会社内って一応エアコンついてるところが多いかと。
ところが、ここいらの公立学校は扇風機のみ。
節電を叫ぶ前から扇風機。
中学生の長男は、毎日暑い暑いと言いながら、長いズボンで登校します。


中学生にもクールビズを~
(働かないからビズじゃない…クールスタディ…クールスタ



徒歩通学だし、夏の間は体操服でいいんでないかい?


Image123.jpg
赤い果実のタルト
pagetop
毎日放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」で
絵本作家の長谷川義史さんが紹介されていました。
先週予告を見たときから
「あっ、『いいからいいから』の人だ~」
と家族で話していたので楽しみにしていました。



うちに初めてやってきた長谷川さんの本は

ehon14869.jpg


子供のこころにもスーッと入ってくる
メッセージのたくさん詰まった本です。
いやっ、大人の方が考えさせられるかも…

その後、子供のお気に入りとなったシリーズが

「いいからいいから」

昨日の番組でも、冒頭にチラッと映った1ページをみて
「あ!いいからいいいからや~」と次男はすぐ叫んでいました

この本のシリーズ第4巻に登場する忍者は、宮城県石巻市の子供たちのアイデアで生まれたというエピソードがあったらしく、今回の震災後再び石巻の子供たちのところへ、書き下ろしの、世界に1冊しかない手作り絵本を届けておられました。

「ラーメンちゃん」

長谷川さんが直接子供たちに読み聞かせ。
素朴なギャグもストレートで自然と頬が緩みます。
オモシロおかしく、大人も子供もみんなステキな笑顔です。

これからの日本を託す子供たちに

子供たちGO!



アーティストだわ

Image126.jpg


pagetop
よれよれコート姿の刑事コロンボがハマり役の
名優ピーター・フォークさんが亡くなられました。

コロンボといえば、先に犯人が殺人を凶行する場面を見せて、それをコロンボの推理と捜査で手口を解き明かし自供に追い込む「古畑任三郎」スタイル。(実は三谷幸喜さんがコロンボを模して造りあげたキャラクターが古畑なのだそうです)
温和でとぼけた人柄で、どんな小さなことも見逃さずどんどん犯人を追いつめる。時には厳しい言葉を投げつけることもありますが、犯人に対しては敬意を表して接します。


もともと家人が好きだったコロンボ。
結婚当初は金曜ロードショーで放送されるたびにビデオに撮って保存していました。一緒に観るようになって私もハマってしまったクチです。
アナログからデジタルに変わるにつれて、LD(あれはなんだったの?)で発売された刑事コロンボシリーズを購入。
今思うとかなりイイお値段の代物。大きなディスクが結構な幅をきかせてドーンと棚に鎮座しておられます。

あっという間に世の中にはMD,CD.DVDと小さく薄いものが普及し、LDをいちいち出すもの面倒になりDVDのセットも購入。
全69話のうち、今DVD化されているのは、セット購入した45話と新シリーズの5話のみ。残りの19話も見たいな~
引越しの時に持ってきた段ボールの中のVHSを探したらいくつかは見つかるかも。探してみよ


享年83才、晩年はアルツハイマーとの闘病生活だったそうです。
最期はコロンボのことも覚えていなかったようで、寂しい限りです。


ご冥福をお祈りします。



pagetop
学生時代の友人と久しぶりにランチへ

真新しいあべのQ'sモールでまずはお店探し。
レストランフロアをぐるっと一回りして…

Jambuka(ジャンブーカ)というエスニック創作料理のお店に決定。

リゾート感満載の店内はとってもステキ。緑がいっぱいです
椅子もソファで南国のホテルのラウンジみたい。
紺碧のグラスに注がれたお水も涼しげ。

4種類ほどあったランチメニューからナシゴレンをチョイス!
デザートを付けてご注文。

まずは前菜5種が運ばれてきました。
前菜が付いていることを知らなかったので得した気分

Image119.jpg
サラダ、鴨ロース、ポテトサラダ、チキンマリネ、イカスミパスタの揚げたの

メインのお皿
Image120.jpg
結構なボリューム


気がつけば、4時間近く二人で喋り続けていました
昔話というより、もっぱら子どもとそれにまつわる日常の話。
同じくらいの年頃の子どもがいるので、共感できることばかり。
たまにしか会わないからこその、いろんな話ができてとっても楽しかった~

夏休みになったら地方チームも里帰りしてくるだろうから
その時は全員集合できたらいいな~

Image121.jpg
マンゴープリン、フルーツの下にはカエルのたまご
(ウソパッションフルーツの種みたいなやつ)

どれも美味しゅうございました。
リピ決定

pagetop

2011/06/24

LOST

今や時代はK-POP。
少し前は韓流ドラマ。
その前に一世風靡していたのはアメリカドラマ。

私は完全に「24」フリーク
そう、絶対に死なないというか死んでも生き返る、
完全無敵のジャックバウワーのやつです。
どっぶりハマってしまったので、浮気することなく「24」一筋でした。



以前ハワイへ行ったときのツアーのガイドさん、

自称:ロシア人、元スナイパー、ハワイの大学で講師、
    チョイ役で「LOST」に出演、などなど

多彩な経歴の持ち主。
どこまでホントか分からないけど、結構ホントっぽかったなぁ。
(ただ、スナイパーって…

「LOST」はハワイで撮影されていたドラマだし、
撮影がどうとかギャラがどうだったっていう話もするし、
ホントかも!これは見てみなくては~ と思って帰国したのでした。

ガイドさんが登場するのはシーズン4とか5らしいのですが、
ここはやっぱり最初から見ないと話が分からない。
見るからにはキャラクターを把握して楽しみたい
「24」同様ハマって楽しく見れることを期待つつ
長期戦覚悟でレンタル開始。

家族が寝静まってから、臨戦態勢でDVDスタート。




3枚目で止まってマス

ガイドさんの顔を覚えているうちに再会できるのか…

IMGP2653_convert_20110624010230.jpg


pagetop
 「では、近くにインド料理のお店はないでしょうか?」

とキレイなお姉さんに尋ねてみる。(なんでインド?)


老舗のインド料理店。
スタッフは全員インドの方のようでした。
小さいお店ながら店内にはお香が漂い、雰囲気はレトロでいい感じ~

早速ランチを注文。
カレーが3種類から選べるので、キーマカレーを選択。
インド料理大好きなので、楽しみ楽しみ

ランチだからか早い!すぐにプレートとチャイが運ばれてきました。
大きなナンの上にはババラという薄いおせんべいが乗っています。
ターメリックライスと、野菜のマリネ、タンドリーチキン。
美味しそう

まずナンをちぎってカレーを付けていただきます。
癖のないマイルド系で無難な感じですが、美味しかった~
タンドリーは酸味が効いていてGOOD
チャイはしっかりシナモンの香りはするものの飲みやすい。
特別な感じは無いけど、日本人好みの味で、近くだったら日常使いにいいな~と思いました。
気付けば店内は満席です。


Image116.jpg
インド家庭料理とカレーのお店 ボンベイキッチン



おそらく香辛料とかがあまり得意でない相方さん 
お付き合いさせてゴメンネ

といいつつ、今度はどこのインド料理店に付き合ってもらおうかな




pagetop

2011/06/22

トルコ料理

トルコ料理ってどんなのだろう??

以前テレビで紹介されていたお店。
エキゾチックでそそられる店内。
機会があったら行ってみた~い


その機会の日が今日やってきました!
午後から長堀橋でリハがあったので、
いざ「ナザール」へ!!

ヨーロッパ通りを歩いてすぐに青い看板を発見。
ワクワクしながらお店の前に


  ん??


ビルの2Fにあるお店なのですが、階段にはシャッターが…
まだ開店時間になってないからかな?(2分前よ

オロオロしていると、

 「ここのお店、お昼すぎないと人が来ませんよ。」

と、1Fのお店の開店準備をされていたキレイなお姉さま。

 「11:30開店では?」

 「よく知らないけど、いつも1時とかに来られてますよ」

 「えーーーーーっ


  ショック 


 「外国の方だからね…」


妙に納得…
楽しみにしていたのにぃぃぃ


いつかリベンジだっ


Image114.jpg
トルコの家庭料理 ナザール 心斎橋店
       http://www.nazar.jp/index.html 




pagetop

2011/06/22

規則正しく

毎朝決まった時間に登校する次男。

出発時間の1分前にはランドセルを背負ってスタンバイ。
TVのデジタル表示の時計が●●:●9から●0に変わると同時に

「行ってきま~す


大寝坊して出発時間の10分前に起きてしまった日でも

ダダダーっと着替えて、部屋からランドセル取ってきて、
牛乳一気飲みして、歯磨きして

1分前にはスタンバイ。

その時間に家を出て学校に着いても、
早すぎてまだ校門は開いていないから
校門の前でもスタンバイ。



今日、仕事で子供の帰宅時間に間に合わないのに鍵を持って行かせるのを忘れてしまいました
家を出てすぐに気付いたけど時すでに遅し、どうしようかと焦っていると


「そうだ!いつも同じ時間に学校近くで
 友達のお母さんに会うって言ってた


即行そのお母さんに電話


 「朝からごめ~ん。うちの子その辺りにいるかな?」

 「あっ、前から歩いてくるよ。」

 「鍵持ってなかったら、おばあちゃんちに帰るように伝えて~」

 「了解~」




規則正しい生活は大事です。


pagetop

2011/06/20

中学校給食

幼稚園・小学校・中学校と通うようになって、
母の朝の仕事は変わってきます。
うちの子が通っていた幼稚園では週に2回お弁当、他は給食…というか仕出弁当のようなものでした。
小学校6年間は学校給食。
そして中学校になると毎日お弁当。クラブ活動が土日ともあるのでホントは毎日なのですが、週1回くらいは手抜きをさせてもらってパンやおにぎりを買って持っていっています

小学校の給食はとっても有難い~
完璧な栄養バランス、バラエティに富んだメニュー。
きっと限られた予算のなかで大変な苦労もあるかと思いますが、子供たちに楽しく美味しい給食を提供してくださっています。
今どきの給食にはビピンバだとか、自分で挟んで作るハンバーガー、各地の郷土料理、例えば今月は愛知県のきしめんみそカツです。(美味しそう~

全国的にみると中学校も給食のところが大半なのだそうですが、
ここ大阪では違います。
大阪府の中学給食の普及率は10%未満と極めて低い現状。

それがここ数年、安定した食事と栄養バランスという食育の観念から大阪でも中学校給食の普及に乗り出しています。
スクールランチ(希望者がお弁当を注文できるシステム)も導入されていますが、結局費用がかさんだり、子供は家庭のお弁当のほうがいいらしく、なかなか利用者が増えていないそうです。


そもそもなぜ大阪の中学校は給食ではないのか。

たてまえは、

 ・政治的な問題
 ・家庭の愛情弁当の方が教育的に良い
 ・自我に目覚め始めた中学生は食べ残しをするので
                給食の指導上好ましくない…

などのことが挙げられていますが、実際は

 ・無いことが定着しているのでそこまで必要性を感じていない
 ・結果政治的にも後回しの問題とされていた

といったところだそうです。

数年前の府内数市のアンケート結果でも
子供たちは給食よりお弁当を好んでいるようで、スクールランチが流行らないのもそのためかもしれません。

ただ保護者の給食を希望する率は高いです
親の立場からすると、毎日変わり映えのしないお弁当で悪いね…って思うし。(ブロッコリーとプチトマト必須
ん…努力が足りないだけなんですけど
自分が子供のころは茶色いお弁当・・・そう思うと彩は鮮やかにはなってるのよ

                  参考資料:http://bit.ly/iwp4rl(大阪府)
                         http://bit.ly/jFcyHA 他



そんな給食のニュースを見ていて、ふと…。

給食問題を後回しにしてきたことって、いかにも大阪?!
私も大阪で生まれ育っているからこそのすごーく個人的な偏見ですが、
一昔前は

「給食?そんなもん母親が作ったらええねん!
 そんなんに莫大な予算つぎ込むんやったら、
 もっと得するもんに予算まわせ~」

的なこと言ってそう…って

こんなの書いたら怒られるかな

pagetop
リコーダーアンサンブルの子供たちが初めてデイサービス(日帰り介護施設)へボランティア演奏に行かせていただきました。
伺った「ハローデイサービスセンター」では昼食後の1時間ほどをレクリエーションの時間として、ゲームをしたり、物作りやお絵かき、歌を歌ったりといろいろなことをされているようです。
今回はそのレクの依頼を受けての訪問です

これまでの発表の場といえは2曲ほどを演奏する発表会の形が殆どだったので、今回のような1時間の公演は初めてです。準備期間が少なかったこともあり、今までに練習してきた曲と新たに唱歌などを加えてプログラムを組みました。ただ聴いていただくだけでは利用者さんたちも退屈されるでしょうから、一緒に手遊びが出来る曲や歌でゲームができるものなどを組み込んでみました。

譜面台を立てたり、いろんなサイズのリコーダーを出したりと準備をしていると
「本格的~」との声が


最初は子供らしく元気のいい曲を、次にしっとり系を。
どちらもみなさんよくご存じであろう曲をまずは演奏しました。

次に「ミカンの花咲く丘」を4重奏で。
一通り聴いていただいた後、ちょっとした演出を。

二人の女の子が浴衣にお色直し~

当初はこちらで着替えをしようと考えていたのですが、利用者さんのおばあちゃんに着付けをしていただいたらどうだろうと、お願いしてみることにしましたご自分の曾孫さんくらいの年頃の女の子でしょうから、喜んで着付けてくださり、それもまた楽しかったのではないでしょうか。

まずはかわいらしい浴衣姿二人で手遊びを披露。
お年寄りでもすぐに出来るように簡単バージョンでします。それを見本に今度は利用者さんも一緒に手遊びをしました。子供と一緒にしてくださったおばあちゃんも。子供たちも楽しそうにおばあちゃんに教えてあげながら、4重奏の演奏での豪華な手遊びになりました

童謡を交互に歌っていく歌遊びでは、メロディーをリコーダーで吹くことで分かりやすくなり、皆さん元気に歌ってくださいました。

他にもハンドベルを使ってリコーダーとの合奏をしたり、なかなか賑やかに盛り上がりました。

最後は「ふるさと」の演奏です。
実はこの曲、3重奏なのですが、なかなかステキな編曲。
ただアルトリコーダーバートが難しい。
中間部のソプラノ、アルトパートは更に超難しい!
みんな凄く練習してくれました
ホントに難しい事をやっているので、本来なら演奏をちゃんと聴いていただきたかったところですが、みなさん大きな声で歌ってくださったので、それはそれでよかったかなと。
せっかくだしまたの機会にどこかで披露できたらと思います。


核家族化の今、子供たちにとってもお年寄りの方と接する機会も殆ど無いでしょう。お年寄りにとっても子育てや孫の世話をしていた頃を思い出されたり、何より子供の元気な声を聞くだけでも明るい気持ちになられたのではないかと、今日の皆さんのお顔を拝見していて感じました。
中には涙しながら聴いてくださるかたもいて、こちらもつられてウルウルしそうになったり…


今回のお話をいただいたとき、正直様々な状態のお年寄りがいらっしゃる施設で子供たちはどうだろうか、びっくりしたり、恥ずかしがったりするのではないかと心配していました。
ところが、進行役をしてくださった方の上手な運びもあって、全くいらぬ心配でした。
子供たちは元気に挨拶もでき、歌も大きな声で歌ってくれました。
何よりみなさんに喜んでいただけたことを実感できたと思います
本当に良い経験をさせていただきました。



帰り道、

「楽しかった

というメンバーの言葉がとっても嬉しかったのでした。


DSC_0016縲€謾ケ_convert_20110620010435
柏原リコーダーアンサンブルのメンバー
pagetop

2011/06/17

「財前」

私の人生二つ目の苗字(バツイチじゃないですよっ
世間一般にも結構珍しいようですね。

でも女優さんがいたり、少し年配の方には医療ドラマでお馴染みの名前だったので、かえって覚えてもらいやすいということもありました。

以前“ちちんぷいぷい(MBS)”をボーーっと見ていたら、画面いっぱいに伯父の名前がドーンと出てきたことがあってびっくりしました。
伯父に直接お目にかかったことはないのですが、元毎日放送のプロデューサーで山崎豊子さんと知り合いだったということから
「白い巨塔」の主人公の名前がこの名前になったと聞いています。

濁点が多いので堅苦しいイメージや、
財の字から“ええとこ”のイメージがあるのか(全くそんなことはナイ
最近よくドラマやアニメの登場人物の名前になっているのを見かけます。


 教授


 総理大臣


 医療捜査官


そして…


 内閣権力犯罪強制取締官



なんか怖そう…


pagetop

2011/06/17

妄想

今まで身近な人にあまりおおっぴらに
演奏活動をしていることを話していなかったのですが
(別に隠してたわけでもないのよ
こうやってブログを書くようになって

笛吹いてるのよ~

っていうのを知ってもらえるようになり、たまに

「近くでも演奏会やって~

とおっしゃってくださる方もいて、とっても嬉しいのです。

せっかくなので近くで何かできたらな…
と考えたりしています。
何かとコラボとかも面白いかな~とか。
こういうのをいろいろ考えているトキが一番楽しいです。
妄想膨らみます!

そういえば男子と女子の一日の時間の使い道を調べたデータで
女子の場合、勉強、食べる、遊ぶ…など普通のことが連なっているのですが、その中に

妄想

っていう時間がある!というのを見たことがあります。
大笑いしたんだけど、確かにあるかもしれない~

どんな妄想が現実化するか分かりませんが、
その時はぜひ皆さん見に来てくださいね
pagetop

2011/06/15

ちく天

今日は我が家でChantezの練習でした。
お昼前にスタート・・・ん…まずは腹ごしらえ

本日のメニュー
110615_1203~01

冷やしぶっかけうどん~
本場讃岐からお取り寄せクール便で届いたおうどんを冷やしで
大根おろし・青しそ・ねぎ・みょうが・ちく天とれんこんの天ぷらをトッピング。
さっぱりしっかり美味しくいただきました。

いつもこんな状態で、ランチに来たのかなんだが分からない時もたまにあるのですが、今日は違います

次から次へと 吹き続け♪
バロック三昧 吹き続け♪
テレマン・ヘンデル・シェドュビーユ
なんだか分からないまま終わったフィリドール♪
休むことなく 吹き続け♪

そうしているうちにそろそろネタも尽きてきて、
「今日はよく吹いたー」ということで、ハイ終了。


ちく天半分くらいは消費出来たかな~


Image109.jpg
バラバラに解体されて休息する楽器たち
お疲れさま
pagetop
今日レッスンで伺ったお宅
山小屋っておっしゃってたのですが、正にそんな感じ。
古民家を改装されたようで、土間があって、リビングには暖炉があったり、木のぬくもりいっぱいでとってもかわいらしいホッとするお部屋。
ホント雑誌に出で来るような。

豆柴ちゃんがこれまたよく似合う~
ここはテリアではなくやっぱり豆柴ちゃん!

とってもステキなおうちでした。

帰り道、天神さんの近くを通ったのでパチリ

Image106.jpg

ここも

Image105.jpg

おみやげにまた買ってしまいました…コロッケ
今日は中村屋さん (写真はナシ)
pagetop
古楽とは、クラシックといわれるジャンルのなかでも、読んで字のごとく古い音楽。

古いってどれくらい?

音楽史でいうところの中世・ルネッサンス期からバロック期あたりの音楽を指します。年代でいうと6世紀頃から18世紀ぐらいまでの幅はあるかと思うのですが、一般的にクラシックの中でも馴染みのあるベートーベンやシューベルト等よりはもっと古い時代に演奏されていた音楽です。でもバッハやヴィヴァルディはバロック期の作曲家ですから、きっと耳にしたことはあるのでないでしょうか。

当時の楽器(古楽器)は現在のオーケストラなどで使われている楽器とは少し違うものが多くありました。というか、古い時代の楽器が改良されたり新しい楽器が生まれたりで、楽器も発展を遂げて現在の形になっているということです。

アンサンブル「CHOUCHOU」では、その曲が作られた時代の楽器を使って当時の音楽を再現することを目指しています。
実は「リコーダー」、この楽器は現在も昔と変わらない形で残っているれっきとした古楽器です。
またヴァイオリンは一見今と変わりませんが、弦が違ったり、顎当てがなかったりと少し違っています。
フルートは木製ですし、他にも現在のオーケストラには入っていないような珍しい楽器も使います。
現在の音楽でも昭和歌謡と今では音楽の流行が違うように、昔の音楽にも流行や習慣がありました。それらも含めて再現する演奏を心がけています。

メンバーのお宅でいつも練習をさせていただいているのですが、なんとその家主は古楽器をご自分で製作されています。部屋の中は楽器だらけで、まさに足の踏み場もない状態

Image100.jpg
手前はヴィオラ・ダ・ガンバ属、奥に見えるはリュート属

Image099.jpg
大きいリュート属 アーチリュート、テオルボ
         (製作:古楽器工房 VIOL

ご興味のある方は是非お問い合わせを。


pagetop
家人はピアノを少々嗜みます。
若い頃はよく弾いていましたが、最近は忙しいこともありたまに弾くだけでした。それが今回、ある弦楽団から定期演奏会で弾いて欲しいとの依頼があり久々に人前で弾くことになりました。
もともと一人で黙々と弾くタイプなので、誰かと一緒に演奏するというようなことがあまり好みではないようですが、こんな機会はめったにあることではないのと、断りきれないのもあって、時間のない中毎日練習に励んでおられました。

今日、息子たち2人と一緒に聴きに行ってきました。


モーツァルト ピアノコンチェルト第9番 第1楽章


舞台に出てきたパパを見て
「緊張する~」
と次男。
「緊張する、緊張する」って何回も
自分もピアノの発表会で緊張したことがまだ記憶に新しいので余計に落ち着かないのでしょう。でもいざ始まると、いやいややっぱり当のご本人、相当緊張してらっしゃる
あっちもこっちも緊張してるので私もつられて緊張ですわ

でもさすが!曲が進んでくると落ち着いてきて、昔と変わらず繊細なタッチで弾かれます。音色がとても綺麗ショパン、ドビュッシー、ラフマニノフといったメロディアスなロマンチック系がお好きな人なので、テクニックはもちろんのこと歌心は今も昔も尊敬でございます。
ただ音量がちょっと小さく、リハではいいパランスだったということらしいんですが、蓋全部開けてもよかったのではないかとそれだけが残念でした。

本番終了後、指揮の先生も「今日が一番よかった」とおっしゃってくださったので、本人はいろいろ反省点もあるのでしょうがとりあえず一安心。

お疲れ様でした

Image103.jpg
会場に咲く花菖蒲(たぶん
pagetop
出先に電話が。

「は…や…く…帰って…き…て…

どうしたの?と聞いてもモゾモゾ言ってなんだかよく分からないし、様子が変だったので、

友達とけんかしてべそかいているのか
何かを壊してしまって焦っているのか
嫌な虫でもいてどうしようもないのか
何か怖い思いをしたのか…

あれこれ考えながら5分で帰宅。

「どうしたの?
「ん?外で遊んでて、こけた~

“ダウンタウンの笑ってはいけないスパイ”を見ながらケロッとした顔で答えてくれました

まっ確かに手には切り傷、鼻(目と目の間)は腫れてアバターみたいになっていたので、痛くて不安だったのでしょう。


夜、お風呂上りに急にしみじみと
やっぱり友達って大切やなぁ
と言うので理由を聞くと
「怪我したときに助けてくれるもん」
だって。

あ… 側にいなくてごめんねぇ…と思うとともに、
友達にやさしくしてもらえて大切さに気付いたこと、そして今度友達が困っていたら助けてあげられるようになるだろうと、一つ成長したのかなと思う一言でした

pagetop

2011/06/10

パン教室

パン教室に通っているお友達に誘ってもらって、1日体験してきました。
とても綺麗で明るい教室で、先生たちも若くて、少女時代もびっくりなキレイなお姉さん揃い

今日のメニューは“フォカッチャ”
フォカッチャとはイタリアの平たいパンです。
体験なので材料は前もって量ってくれているし、混ぜて捏ねて焼くだけといった簡単作業。

今日のは生地にトマトピューレを練りこんで赤いパンになりました。
オイルはオリーブオイルを使ってもっちりサクサク
トッピングにパプリカ、ズッキーニ、オリーブとハーブの夏野菜のマリネとモッツァレラチーズを乗せてオーブンへ。
あっという間にオシャレなパンが焼きあがりました

Image095.jpg
サクサクもっちり、野菜も美味しかった

更に今日の体験にはパフェがサービスで付いてくる!
Image093.jpg
お好きなものをトッピング~

Image094.jpg
出来上がり

帰りにお肉屋さんのコロッケをお土産に購入。
おかげさまで晩御飯は手抜きですっ

Image098.jpg

美味しく楽しい体験でした。
それにしても、みなさん優雅なマダムライフを送ってらっしゃる~
pagetop

2011/06/10

音の森

ブログ開設1ヵ月にして、ちょっと変えてみました。

なんとなく他のテンプレート(背景)を見ていたら、
この森の感じに、ビビッ

ガナッシュメンバーでもある木戸麻衣子さんと組んでいる deux Chantez というリコーダーデュオで以前コンサートをさせていただいたのですが、
そのコンサートのタイトルが「音の森」
リコーダーは木で作られていて、なのでやっぱり生きていて、そんな楽器から生まれた音楽、心地よい音でいっぱいの森の中にいるようなコンサートになればと、こんなタイトルにしました。

その森のイメージにピッタリな写真。

そして、家庭があり母であるので、この音の森の中にあるお家が我が家だと思えてきて、このスタイルを選んでみました。

いかがでしょう?
しばらくこんな感じでいってみますね。
pagetop
暑くなってくると刺激を求めるのでしょうか。


最近スパイシーなものが美味しい~

無性にトムヤムクンが食べたーい

ビンドゥ行きたーい(近くの超美味インド料理店)


もともと辛いもの好きなのですが

最近のお気に入り


Image088.jpg

「剣崎なんば」とは
石川県白山市剣崎町に伝わる唐辛子で“幻のとうがらし”と呼ばれているそうです。
その唐辛子を1本ドボンと焼酎に漬けてあります。
どんな料理にでもちょっと一振り、ピリッと美味し。


それとハワイのスパイス。
やたらとオーガニックを押してますが、沢山のスパイスがブレンドされててなんかハマるお味。
お肉やお野菜はもちろん
冷食のチャーハンとかサラダに振りかけても美味し。

Image087.jpg


最近はスーパーでもネットでも

珍しいものがすぐ手に入るので、他にもいろいろ試してみよう。



でも我が家の鉄板は、キム…

おっと、それはまた今度
pagetop

2011/06/07

まさかっ

1ヵ月ほど前から

ゴミの収集日になると、それはそれは沢山の黒い鳥


カ ラ ス 


ゴミというゴミを次から次へとあさって大迷惑

ご承知の通りとっても頭の良い鳥

そして数が半端ないので怖い



家人が

「ゴミにでも混ぜておいたら、
 賢いから次から来なくなるんじゃない

おおーっ なんて恐ろしいことを仰るのか。




翌日、可燃ごみ収集日。

朝早く出勤した家人からメールが。


大変!!●●の前でカラスが2羽死んでる!」


ええーーーっ


まっ、まさか、実行した人がいるのですか……


それ以降、数が減ったような


Image086.jpg
コストコの 通称 ゴミ袋のパン
超美味し!そして安し!
pagetop

2011/06/06

日曜参観

父の日も近い6月初めに、毎年日曜参観があります。
平日お仕事のお父さんたちは1年に1回の参観ということで
毎年沢山のお父さんの姿が見られます。
(ジャージ姿のお父さんも多数…理由は後ほど)

授業もお家の人と一緒に出来る内容のことが多いのですが
今年は図工で「こま作り」でした。

構造はとっても簡単。
軸に細長い色画用紙をひたすら巻きつけていくだけ。

でもこれが意外と大変。
巻きつけた紙が緩んでこないようにするのに
結構力もいるし、
手先指先を器用に動かさないとなかなかうまくいきません。

根気よく巻いて巻いて、巻きまくる~

Image074.jpg
親も必死!


今時の子供たち、手先を使う遊びなんかもあまりしないし、
我慢するのも苦手。
それでもみんな頑張ります

Image073.jpg

なんとかそこそこの大きさまで巻きあがったら、
形を整えてボンドで固定。

あっという間の45分でした。


それにしても…

うちの子も最近あやとりしたり、あんたがたどこさ(毬つき)したりしてるけど、こういう手先足先を使う遊びって大事だなーと改めて感じた参観でした。



えっ、ジャージのお父さんたち?

年に一度のお楽しみ、
PTAの親睦ソフトボール大会が参観後にあるのです。
保護者3チームと教職員チームで戦います
正直、参観中だって上の空
お父さん達はこれが楽しみで楽しみでしかたないんですからっ

打って、走って、転がって

頑張るパパに子供たちも大喜び

若手教員軍団も走る走る

校長先生も教頭先生も負けてません!


梅雨の晴れ間、気持ちの良い一日でした。




pagetop
2声の曲を練習する時2つのパートに分かれてもらいます。

左半分、右半分で分かれたり、好きなパートを吹いてもらったり。


師匠も大学の授業でパート分けをする場面があるそうなのですが、

フツーではつまらないと、こんなアイデアをお試しかっ……お試しに。


朝食がご飯食の人 と パン食の人


するとアラ不思議

奇数だったにもかかわらず綺麗に半々に

「朝ごはん食べません」と約1名

若干KY(既に死語?!)な不届き者がいたというオチでしたが。



いざ!我らが柏原の子供たちにも


「今朝の朝ごはんがご飯だった人~? パンの人~?」


 食パン!

 ご飯!

 コーンフレーク!

 マフィン!

 ホットケーキ!

……


そして最後の子…




おかずだけ! 


師匠、どうしましょ


pagetop

2011/06/03

ココイロ

いつもお世話になっている竹山木管楽器製作所さん。
大阪は住之江区にある、リコーダーを作っておられる工房なのですが
今日は朝日放送の「ココイロ」の取材を受けられていました。


「ココイロ」はうちでもみんな大好きな番組。
短い番組ではありますが、
関西の街の姿や伝統などを上品な映像で伝えています。
でもトミーズ雅さんの語り口は独特な関西弁。
一見ミスマッチなようで、それが逆になんか癒されるんですよね。

うちは親子で

「これが今日のココイロ~」

というセリフを100%一緒に言いますっ


お店に伺ったら既にカメラや照明など大きな機材がたくさん。
午前中は工房の中で匠の技を、
午後からは出来上がった芸術的な楽器の撮影だそうです。

その素敵な楽器をつかった演奏をガナッシュでさせていただきました

この番組は映像にとてもこだわってらっしゃるらしく
きっと放映では一瞬なんだろうけど、
本格的にレールの上をカメラさんが移動しながらとか
いろんな角度からのカットとか、何度も何度も撮りました。
その手間暇こそが、コンパクトながら上質で、魅力を存分に伝える番組作りなんだろうなと感じるプロのお仕事でした。

楽器と音色の良さが伝わっていればいいなと思います。

放送は7月だそうで、恥ずかしいけどその日も子供と一緒に

「これが今日のココイロ~!」

2011060312030001_convert_20110604004933.jpg
pagetop
大阪の富田林市立東條小学校へ
ガナッシュリコーダーアンサンブルで伺いました。

自然豊かな緑がいっぱいの高台にある小学校。

の鳴き声でお出迎え

これから始まるリコーダーの音色にもピッタリです

校長先生とご挨拶の後、新しい校舎の2階にあるホールへ。
既に譜面台等セッテッングもしていただいておりました。
今回お世話をしてくださった先生はとってもリコーダーが好きな方で
至れり尽くせり。ありがとうございます

Image069.jpg


1年生から順番に子供たちが集まってきてくれました。
うちにも小学生がいますし、
学校へもちょくちょく出入りしていますから

なんか落ち着くこの感じ。

子供たちの声の楽しげなザワザワ音に覚える安心感。

いつもの学校の体育館かと錯覚しそうでした。


子供たちはとってもお行儀よく興味津津の様子。
運動会の時に流れているような曲や、アニメの曲
雅楽のような響きの和風な曲などなど。

また、ガナッシュのメンバーにはフルート奏者がおりますので
リコーダー隊が伴奏をつけて
時価……円もするようなキラキラのフルートで超絶技巧をやってのけてくれたり、ピッコロでかわいらしく演奏してくれたりと
とっても盛りだくさんなプログラムになりました。

最後にはお世話をしてくださった先生も
せっかくなので一緒に演奏しましょう♪ ということで

アイネクライネナハトムジーク

モーツァルトという人は凄いですね。
子供たちが一緒に口ずさんでくれるのです。
誰もが歌える、歌いたくなるメロディー。
bravo!Wolfgang Amadeus Mozart

6重奏が出来たり、フルートとの共演が出来たり
とっても楽しい1時間でした。

何より子供たちがキラキラした笑顔で聴いてくれたことが嬉しかった一日でした。

110602_1024~01
上の写真をとっている人









pagetop
奥ゆかしい大和撫子だらけでも船は進まないし
船頭さんがたくさんいても山へ行っちゃう


だから組織とか会とか、集団が出来ると長を決めて進めるんですよね。
肩書き、役職があった方が周りも動きやすいし、
何より本人が自分の立場がはっきりして、
余計な気を遣わず、するべきことに向き合えるでしょう。


そんな時やっかいなのが
良かれと思ってあれこれしてしまう人や
組織の序列を無視し動いてしまう人。

決して悪気はなくとも、結局は感情動物の集まりなので
ゴタゴタのきっかけなんてそんな事だっりするんではないでしょうか。


船頭さんになりたいのか

船頭さんを認めていないのか

何も考えていないのか


いずれにしても、
船は目的地へ向かって進みたいはずなのに。


認めてもらえないっていうのは
人にとって屈辱的でやる気をなくす大きな原因。
子供を褒めて育てようっていうのも
認めてあげたうえで、正すところは正していく。
大人だって同じことだと思うのです。
相手の立場を尊重して行動すれば
気持ちよく事が進むのではと思うんですけどねぇ。


家庭の中の船頭さんも一人の方がきっとスムーズですよね。
、どっちの船頭さんが多いのかな?
うちは……


Image061.jpg
ストロー、細ッ









pagetop
お友達のお向かいのお家のこと。


家中のシャッター(雨戸)がいつも閉まっているそうな。
もちろん住人がいて、ご主人はお仕事へ、奥様はお買物など
普通に生活されています。(たぶん)

でも、シャッターが開いていることがない。

道路から見える窓は大きな吐き出しの窓2か所、
そして2階のベランダと出窓。
出窓はシャッターがついてないからカーテンが閉まりっぱなし。
ベランダはシャッター+雨除けのための大きなシートで覆われる。
ちなみに裏側の窓も閉まっていたそうです。
玄関もカーテンがかかっているそうな。

朝も、昼も、夜も
月曜も、水曜も、金曜も、日曜も
どの窓からも光が入ることはないのです。(たぶん)


ただ、一度開いているのを見たことがあったそうです。
掃除機の音が聞こえ、吐き出し窓の下30センチだけ!




友人はいろいろ考えます。


そこのお家の方は紫外線に弱くて光を遮らないといけないのかな?

  でも自転車でお買い物に出かけられる姿は見たことがあるし…


ご主人が大きなカメラを持っておられるのを目撃したことがあるので、
暗室でもつくってらっしゃるのかしら?

  でも家中真っ暗にすることもないし…


なかなかの謎だらけのシャッターなのでした。


先日そのお宅が引越されたそうです。
引越しやさんのトラックが来て荷物を運び出して積んでいきます。
もちろん四六時中見ていたわけではないそうですが、


シャッターが


吐き出し窓の半分しか開いてない!!

そこから荷物を出している!!


凄すぎる






pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。