2012/01/30

AかBか

師のもとでリコーダーを、音楽を楽しんでいらっしゃる方々の発表会が行われました。

長く楽しんでおられる方々
最近その魅力にハマった方々

この発表会で演奏される方はみなさんただ吹いて楽しけりゃいいっていう域ではなく、常に並々ならぬ向上心を持って臨まれています。




タマゴが先か、ニワトリが先か…


近年、師は若手の育成に力を注いでいらっしゃいますが、
師のもとにリコーダーを勉強しようという学生が集まってきております。
そもそもリコーダーの認知度自体が低い環境の中で、学生がこの楽器に興味をもってくれるということは、喜ばしいことです。

なかでも注目は11歳の少女。
もともとリコーダーが好きで、リコーダークラブにも入っていたけど
お母さんがリコーダー愛好家であったこともあり、本来のリコーダーのための音楽があるということを知り、ならばきっちり習ってみようと、師のもとへ通うようになったのです。

そして、大人顔負けの音楽性を持った演奏を披露してくれました。

一同絶賛です。




私も身の回りに子供がいる生活が15年近くなりますから、それなりにいろんな子や母を目にする、またはそれにまつわる話を耳にする機会に恵まれる訳ですが、


サッカーが際立って上手い子

古文を読む子

スイミングのタイムが際立っている子

バレーで強力なアタックを打つ子

高校生レベルの数学を理解する子





有名ピアノコンクールやヴァイオリンコンクールに出場する小学生など、世に才能豊かな子供たちは沢山います。
小学生のうちに子供自身がハマる分野に出会えたら、親はそれだけに打ち込むか、コトと内容によっては悩むところですが、子供のやる気が本物であるようなら是非応援してあげたいものです。


うちのパパはその昔、音楽の道へ進むことをお父さんに拒まれたクチですが、今となっては義父のその気持ちも分かるし、でも思うようにさせてあげてもよかったのでは、と複雑な心境です。仮に我が子が音楽で行きたいと言ったら反対するかもしれないな…というのが親の正直なところです。



 A 芸術を研究し、趣味では出会えないレベルの世界を目指し、
   それを生業とするのか

 B 本業を別に持ちつつも、音楽の字のごとく楽しく深く
   自由に演奏する事を続けられる環境を良しとするのか


どちらも魅力的で、Bを選択した人がAに憧れるのは容易に理解できるけど、もしかしたらAの人生の人もBもアリかなと思っているかも。


現実社会はなかなか複雑で、
それが個々の人生の面白いところなのかもしれません。


402118_349042841782165_100000293562431_1342956_2039784406_n.jpg
スーパー小学生とガナッシュの共演後にパチリ










pagetop

2012/01/26

衝撃の事実

お友達のワンちゃん(ミニチュアダックス)のこと。



 ん…
 なんか最近太ってきたなー
 寒くて散歩嫌がってたからかなー


先週の火曜日、そんなことを思いながらポテっとしたお腹を撫でていたら…


 !!



動いた?!



えっ?!



ええーっ?!





翌日 動物病院へ

「予定日は土曜日くらいですね。」




ええーっ?!





だいたい家の中で飼っているのに、パパは誰??


まっまさか…

同居のチビワンちゃん(マルチーズ)?!



あらら…




その話題の間、みんなの頭の中には間違いなく

顔は白く可愛らしいクリクリヘアで茶色く長い胴体に短い脚のついた

“ウナギイヌ”みたいなのがいたはずっ(笑)

images_20120126233020.jpg




でもこんなのん気なことを言っていられるのは他人だけで、

とにかく友人は突然の5匹の“ばーば”になる準備に追われ

慌ただしく落ち着かない数日間を過ごしたことでしょう。





そして日曜日、元気な新しい命が産まれました。


IMG_9397_convert_20120127000403.jpg


まだばーばの出る幕はなく、
ママが一生懸命育児中だそうです

pagetop
先日の様子です


CIMG1750_convert_20120122022750.jpg



pagetop
「柿千」という柿の葉寿司のお店


Image233.jpg

高速道路沿いの工場が立ち並ぶような街の中に
まるでここだけ別世界。


入口に置かれた日替わりメイン料理の一覧を見て、気になる一品が


Image235.jpg
さて、どれでしょう?



いざ店内へ!と思ったら同じ内容の看板が3つほど

Image234.jpg

“しつけする自信が無い、したくない…、ほったらかし…”
厳しい文言がつらつらと

要するに
お・と・なの空間

(師匠にぴったりですね


b0120782_2012933_convert_20120121001618_20120121002151.jpg
天川茶寮 柿千 HPより


この日のメニューは鯖の豆腐あんかけだったのですが、ダチョウのつみれにも変更できるとのこと。




気になる一品  ダチョウ



Let's Try!

Image236.jpg
お野菜たっぷりでボリューム満点 出汁のしっかりきいた上品なお料理


ダチョウさん、生まれて初めていただきました。
トリではなくお肉のようでしたが、ヘルシーだそうで…
ん~ でもトリもしくはお肉でいいかな
お料理はどれも美味しくて、
お野菜が大きく切ってあって食べごたえも満点、満腹!

ちなみに、夜はダチョウのステーキやお鍋もいただけるそうですよ。


柿の葉寿司のお店なのにダチョウいちおしの意外なメニューに戸惑うも
それより、お店の造りの豪華さに驚きです。

b0120782_20131551_convert_20120121004922.jpg


b0120782_2013864_convert_20120121004950.jpg


b0120782_20132278_convert_20120121005020.jpg
天川茶寮 柿千 HPより



吹き抜けの広々とした木のホール
2階席もあって、まるでバルコニー付きのコンサートホール

素材の味が活かされた野菜たっぷりの和食と
リコーダーでの西洋の古の音楽はベストマッチだと思います~

柿千さんいかがでしょう
pagetop
アンサンブルChouChou企画

バロックダンスの湯浅宣子先生をお招きして、
ダンスのレッスンをしていただきました。

ヨガやエアロビすら殆ど経験のない私。
でも音楽を理解するにはとても勉強になること間違いなしですから
楽しみにしていました。


Image228.jpg
ロード乗りのリュート弾きさんも“おNEW”の上履きでスタンバイ


体の重心がぶれないように姿勢をキープ。
王様の前で踊る貴族になったつもりで、
サラバンドに始まり、ガボット、メヌエット、クーラント、ジーグとそれぞれのダンスについて教えていただきました。

最初は一つのパターンのステップから。
しかしどんどん複雑に…
曲の拍子に合わせたアクセントをつけたり、逆に曲とは別の動きをしてみたり、とにかく複雑に組み合わさっていきます。
なかでもクーラントは特に
それでなくても体が言うことをきかないのに、バレエ用語が全く頭に入ってこなくて、ドュミ クペ…あーもう思い出せもしない…
頭崩壊状態でした


Image231.jpg


メヌエットでは宮廷舞踊らしく、男女ベアのシンメトリーな図形を描きながら(フィギア)の形態も実践。


メヌエット

先日のブログでもご紹介しましたが、まさにこれです。ステキでしょ


そして最後に先生が軽快なジグを踊ってくださり、
3時間半にわたる講習終了。


今更ですが舞曲とダンスは一体なんだと再認識。
音楽的に演奏することと、曲に乗って踊ることを考えた演奏では意識するところが違うのかもしれません。先生が実際に目の前で優雅に舞う姿を見て、自分たちが演奏する時もイメージがリアルに浮かんで、拍感や間の取り方のなども変わってくるかもしれません。胸を張って凛として、王様の前での舞踏会だと思って演奏するだけで音色から変わるかも
次回の練習が楽しみです!



pagetop
アメリカのリコーダー奏者 ジョン・タイソン氏によるレッスンを受けました。

テーマは

「ルネサンスのポリフォニーに親しむ」



20名程の受講生は老若男女。

下は10歳から

OKをいただいたので次男も一緒に参加したのです。


「えーー行かないとあかんのぉーーーー

と始めは愚痴っていた次男も会場に着くと

すっかり、一リコーダー愛好家となっておりました。

他の受講者の中には高校生の子たちも数人たので

少し安心したのかもしれません。


配られた楽譜はT.モーリーなどのルネサンス歌曲。

英語またはイタリア語での歌詞を皆で歌うことから講座は始まりました。

次男も良くわからないなりに、真似て英語の歌詞を読んでいましたよ

そして、この時代の縦線(小節線)が無い楽譜でも戸惑うことなく、

初見で、しかもテナーリコーダーで演奏している我が子に

「おおっー、お主、なかなかやるなー

と感心したのでした。



ジョン先生はとても気さくな方で、

チェンバリストで奥様で通訳もしてくださった鶴谷美之さんも明るいでした。


音楽を演奏する時に一番大切なことは


よく聴くこと


技術や音程にも気をつけなくてはいけないけれど

まずはよく聴く、自分の音、共演者の音。

よく聴いていればどんな音を出したいのか、その音が出ているか

どんな音楽をしたいのか、その音楽が出来ているかが分かる。

簡単なようで、習慣化するには常に心がけないといけません。

私も教えている子供たちに

「自分の音をよく聴いてーーー!」

ってよく叫んでます

楽譜を見て一生懸命演奏していると、

聴いているようで聴いてないことが多いのです。

ちょっと意識するだけで隋分音色がかわったりするものですよ。



そんなこんなで充実した2時間はあっという間。

次男も楽しかったと言っていたし

貴重な体験ができて、一緒に参加して良かった









pagetop
お正月の芸能ニュースと言えば

ハ ワ イ 

と決まっておりますが…




お土産をいただきました。

Image222.jpg
これと

Image223.jpg
これ ウフ美味しいよ


お正月明けから5日間ほどファミリーで行ったそうなのですが、
こちらのファミリー、結構なハワイリピーターで、
今回は現地3日しかなかったので忙しかった~と。
海だけじゃなくお買い物も大好きな子供たちも、
今度は10日ぐらい行きたい~って。

「誰かに会った?」

と下世話な質問をしてみると

「ちょっと離れた町でホリケンを見かけたよ。
 あと、マツコみたいな人たちのオネエ系の団体さん!
 家族はマツコじゃないっていうけど、私はマツコと思うねん!」


なんにせよ、優雅ですわ~







pagetop
クラシカルな踊りと言えばバレエ。
チャイコフスキー「白鳥の湖」やラヴェル「ダフニスとクロエ」等のバレエ。
これらの有名な作品は19世紀以降に完成したものが多いそうです。

では“バロックダンス”という言葉をご存知でしょうか?
読んで字の如く、バロック時代の踊り、
19世紀のバレエよりももっと前の時代、17世紀ごろの踊りです。

現在も多くの有名バレエ団で演じられるバレエ。
当然歴史上古い時代からの発展の流れの上にあるものです。

バレエはフランス宮廷でルイ14世によって確固たる地盤を築かれ
後の世に続いていったのですが、
このころの踊りをバロックダンスと呼んでいます。


images_20120110021332.jpg


これはリコーダー全盛期の頃。
踊りには必ず音楽が付きます。
バロック音楽を学ぶものとしては、
このダンス音楽を知ることは必須なのです。


ブレー(Bourrée)
クーラント(Courante)
ガヴォット(Gavotte)
メヌエット(Minuet or Menuet)
サラバンド(Sarabande)

などなど。


それぞれのダンスには基本のステップがあって、音楽もその法則・様式に合った演奏をするのですが、実際の踊りを見たことがないとなかなかイメージできないものです。想像での演奏では、実際にダンサーがいたら「それでは踊れないよ」と言われてしまうかもしれません。


ヘンデル「水上の音楽」より
G.F.Haendel - Watermusic (Minuett I-II-etc) youtubeより



前々から一度バロックダンスを見てみたいとは思っていたところ
近々、ダンスのレクチャーを受ける機会に恵まれました


とはいえ、踊りとかとっても苦手な私
お姫様衣装を身にまとい優雅に舞っていても、
実は膝にくるし、かなりキツイという噂も

上手くは踊れないと思うけど、
楽しみです





pagetop

2012/01/07

オムライス

ある日、パパと次男と3人で近くのショッピングモールへ。

晩御飯ここで食べて帰る?的な感じになったので

どこがいいかなーとレストランフロアをブラブラ。


今日はお兄ちゃんがいないので
普段ならヤツが嫌がるところも行けるよ~



という流れで

一度行ってみたかったオムライスのお店に決定。


RAKERU


カントリー調の店内に、チェックのエプロン姿の店員さん。

食器はアリスで統一で、

カラフルなオムライスのメニューと華やかなデザートメニュー

ハンバーグドリアオムライスを注文した次男は

美味しい!美味しい!を連呼しながら食しておりました

パンとパフェ好きのパパにも好評で、

特にパンが美味!!

パパ絶賛のためおうち用にも買って帰りました


Image212.jpg


帰宅後、長男にあーでこーでと話したら

「別にオムライス嫌いじゃないのに…

ウッッ…


今度またみんなで行こねー





pagetop
新年 あけましておめでとうございます


今年もマイペースに
主婦・母・芸事に精進してまいる所存でございますので、
変わらぬご支援よろしくお願いいたします。



大晦日の夜、某放送局から「蛍の光」が流れ出すと、
男性アイドル達が一同に集い歌い騒ぐ番組にチャンネルチェンジ。
そしてそのままカウントダウン。

3、2、1…

おめでとーー!

これがここ数年の年越しの瞬間の様子です。


元旦の朝はゆっくり起床。
おせち料理とお雑煮(すまし仕立て)をいただき、
家族でボードゲームをしたりしながら一日家でのんびりします。
今年は久しぶりに「ドンジャラ」などしてみました。

二日。
同じくおせちとお雑煮(白みそ仕立て)をいただき、
渋滞も避けたいので、午後から初詣に出かけます。

Image207_convert_20120105011144.jpg
それでも人だらけの橿原神宮の参道


Image210.jpg
内拝殿  今年の願い事は…  


ちなみに
全く人の姿のない神宮の様子は神聖で荘厳
  橿原神宮 ←クリック


帰りの参道で長男はやきそば、次男はベビーカステラ、
私はたこ焼き(毎年行列のできるお店にて)をいただきます。
大型ショッピングモールへ寄って食事して帰宅。

そして夜は家族でボードゲーム。
が、今夜は念願だった麻雀デビュー
そう、昨日のドンジャラは予備練習だったのです。

Image206_20120105013318.jpg
ドンジャラとは音が違うね~


パパ上のご教示で基本ルールから学びました。
私はゲームなどで少ししたことがあったけど、子供らはもちろん初めて。
ドンジャラほど単純ではないので最初は戸惑っていましたが
すぐに慣れた様子。


Image205_20120105013755.jpg
言葉や役がいろいろあってややこし~


三日。
おせちとお雑煮(おすまし)。
午後から実家へ行ったりして、夕食は年に1度のカニすき。
夜は昨日の続きで麻雀step2へ。
今日は点数つけてみました。
配られる点棒になんかテンションあがります。
結果は、3連続振り込みで私の一人負け トホホ



我が家の三が日は毎年こんな感じです。















pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる