上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
いつもお世話になっている「いずみ市民生協」さんより
除菌スプレーのモニター品が届きました~

Image347.jpg
ピュアイズム寝具クリーンケアミスト


寝具はもちろん、家中の除菌・消臭スプレーです。

Image356.jpg

ボトルがスリムでレバーも楽々。

さて肝心の香りは…

強すぎず、弱すぎず、爽やか

カモミールの香りだそう

若干のアルコールのツンとした匂いも、かえってスッキリ感があって○

今うちで使っていた消臭スプレーはちょっと癖のある香りでびみょーだったので、こちらは気持ちがよろしいです

Image357.jpg

調子に乗ってシュッシュッしてたらすぐに無くなりそう

でもこの季節、毎日朝晩シュッシュッしてると思います



<いずみブログコミュニティモニター参加中☆ピュアイズム>
pagetop

2012/05/28

引き際

伝統と改革…
美しい引き際…

理想と現実はなかなかうまくいかないものである。




さまざまな個性の持ち主がいて
生きてきた環境もまちまちで
ボーダーラインもバラバラで
考え方もそれぞれで

よかれと思った事でも万人に受け入れられるわけなどありえない。
あらゆる個人の集まりのなかで上手くバランスを保ちながらの毎日。


紆余曲折あってこそ人間らしい社会



尽くしてきたことから身を引く勇気。
一生懸命だった分余計に虚しさが募る。
さみしい気持ちと、悔しい気持ちと、
ちょっと拗ねた気持ちと、ホッとする気持ちと。


自分の身に降りかかった時には美しくありたいと思うけど、


さてどうなることでしょう







pagetop

2012/05/22

いちご狩り

子供会の遠足でいちご狩りにいきました

下見に行ったときにもブログに書きましたが

「“堺のパラダイス”南楽園」

Image331.jpg

Image330.jpg
元取ることばっかり考えてお腹痛くなっても知らないよ~


いちごハウスの前で注意事項を聞いて、
さぁ、時間無制限食べ放題一本勝負の始まり~


Image334.jpg

Image332.jpg

とっても甘くて美味しいイチゴ。巨大なコンデンスミルクも準備してあったけど、そのままで十分甘い。器に山盛り4~5杯食べてる子もいて、みんな大満足

この後バーベキューなのに食べられるかな…っていうくらいたっぷりイチゴ堪能しました


バーベキュー会場までのんびり移動。とても広い園内。あたりにはミカンの木がたくさん。いい香りがします~

Image340.jpg
ミカンの花が咲いている~♪

Image335.jpg
イチゴの花


ミカン山の急斜面を登ったり降りたり、1年生~中学生まで入り混じってみんな子供たちは楽しそう!親たちはまったりご歓談。曇り空だったけど、暑すぎず心地よい気候でのんびり。

さっきたらふくイチゴを食べたことも忘れたかのようにバーベキューをいただいて、子供らはまた野山に散っていきます。

Image336.jpg


さて、下見の時にも気になっていた「洞窟喫茶」へ行ってみよう。

Image344.jpg

入り口でフレッシュジュースを注文して洞窟の中へ。
凄く涼しい…というより寒い。
テーブルも椅子も冷え冷えで、冷たいジュースを頼んだこと後悔する…

Image341.jpg
天井からしずくがぽたぽた落ちてくるので殆どのテーブルにビニールが掛けてあった


アスレチックや釣り堀で遊んでいた人もぼちぼちと戻ってきて、そろそろお帰りの時間。
子供はたっぷり走り回り、大人はたっぷりのんびりできた楽しい遠足でした


pagetop

2012/05/21

温度差

中学3年の長男は吹奏楽部に所属しております。
20数人の部員の黒一点であります。

はたから見れば、多感なお年頃に女子ばかりの中でよく一人でやってるなぁと、それは息子の唯一感心する部分ではあるのですが、そもそもクラブが大好きで続けてるというわけでもないところが微妙。
中1の始め、帰宅部か吹奏楽部と本人が申し出たので、そりゃ親としては入部を勧めます。男が一人という現実を知っても当初あまり気にすることもなく、そして今もそのことについては特に問題ではなさそう。それよりクラブ自体にそこまで熱心にハマることがないままなんとなく続けている彼と他の部員との温度差、この方が問題。でもそれなりに練習はするし、それなりに上達はして中3の春を迎えました。

吹奏楽部にとって大きな転機が訪れたのです。
非常に熱心に指導されていた顧問の先生が異動になってしまいました。2年間年間通して殆ど休みもなく、朝から晩までクラブ漬だった生活が一転。半日練習や休みの日が増え、平日も早く帰ってくるようになりました。時間の余裕ができたことは良いのですが、今までとのギャップに戸惑いも隠せません。もともと熱心でない彼にとっては万々歳な訳ですが、クラブに懸けてきた子供たちは焦りと不安があるようです。
その焦りからか、長男との温度差に耐え切れずついに爆発。

組織に所属している以上、迷惑をかけたり足を引っ張ったりするようなことはするなと言い聞かせるものの、それぞれの価値観や時間の使い道の優先順位は違うので、どこで折り合いをつけるのか難しいところ。その事情を理解するには中3ではまだまだ難しいのかもしれません。でも、全員で気持ちを一つにして音楽を作り上げるクラブなので、そりゃ彼のような部員がいると迷惑なのもよくわかります。


本人の希望通り「やめたら?」というのは簡単だけど
親としてはどう対応すべきか…

彼のような者でも今まで先生に引っ張られてなんとかやってきたので、状況が変わった今となっては部に迷惑になるだけならやめる選択肢も考えるのか、あと半年だしなんとか一生懸命になって(見せて)がんばるほうが後々大人になっての彼にはプラスになるのではと思うのだけれど。
とにかく中3の今の時期にポカッと時間が出来すぎてしまうのは、あまりにもコワイ。


ふぅ・・・
pagetop
小学校の授業参観で

「もしかして、この前テレビ出てた?

先日の関西テレビ「ニュースアンカー」出演の件です。
偶然見ていたという母数名から声をかけていただきました

以前のNHKのお昼の番組の時は、知らせた人意外そんなに反応がなかったのですが、さすが我々の年代の主婦層には夕方のワイドショー系ニュースの方が反響があるようです



Image310.jpg
てるやき?
pagetop
春から始まった東大阪市永和の「ハリー永和」というカルチャーセンターのリコーダークラス、とても楽しいクラスになっています

毎回、「楽しいです~」「早く来て練習します~」「(合わせるときは)ちょっと緊張するけどこのドキドキがいいですね~」など嬉しい感想をいただき、一緒にリコーダーが吹ける喜びを共に感じております

今日は第3回目のレッスンにしてソプラノリコーダーを加えて
アンサンブルってみよう!
いきなり大丈夫かな・・・という心配は全く無用でございましたスラスラと、それもキレイな可愛いらしい音色で吹いてくださいました。とてもウン十年ぶりとは思えないアルトだってまだウン十年ぶりに手にして1カ月ほどしか経っていないはずなのに

いろんな曲ができそうで、これからが楽しみです~



リコーダー吹きの共通の最大の試練?!
それは…

「なんでリコーダーなんかやってるの?

おそらくリコーダー愛好家は誰しも1度や2度(いやっ、もっと)は言われた経験をお持ちなのではないでしょうか?
今日の生徒さんも「どうせならフルート習えばいいのに」言われたそうです。
そりゃフルートも優雅に吹けたら楽しいことは間違いないでしょう。でも全く楽器経験のない大人が一からフルートの始めようとしたら、

  楽器を買って(それなりのお値段です~)
  まず音を出すのに一苦労
  腕をあげての横吹きは結構キツイ
  もちろん息の量もキツイ。

その点リコーダーは、

  とりあえずの楽器は安価(中学生のころのが実家にあったりする)
  吹けば鳴る
  子供のころ一度経験しているのですぐ勘が戻る
  故にすぐにメロディが吹けて音楽ができる


ねっ!仕事や家庭、育児に追われる世代、引退世代の体力的なことを考えても、今から始めるならリコーダーがいいと思いませんコト

リコーダーって不思議な魅力の楽器で、聞くより断然吹く方が楽しいのです。騙されたと思って、一度押入れの中のリコーダーに復活の息を吹き込んであげてください


カルチャースクール ハリー永和
http://www.holly-eiwa.co.jp/culture/index.html


Image324.jpg
pagetop

2012/05/14

唐辛子の力

わたくしの基本形、バリバリの主婦でありますから、
こんなものに興味があったりします

もにたぁとかぁ、さんぷるぅとかぁ・・・



最近あるブロガーさんのページから「モラタメ」というサイトを知り、
早速登録!

モラタメ


新商品などを無料やお試し価格で試せたりするサイトです。
とりあえず無料のサンプルに応募するも、まだまだ新参者故ラッキー!ってことにはなっていませんが、当たる人は結構な確率で当たっているそうマメさに欠ける私は昔から懸賞などほぼ無縁でしたが、まっ地道にポチッとしていきます


というわけで、せっかく参加したので何か試してみようと思い…

Image325.jpg
ハウス「唐辛子の力」

ハウス ウコンの力~♪の姉妹品?!「唐辛子の力」
辛味を抑えたカプサイシン(唐辛子由来成分)などの働きで運動時の消費カロリーを上げてくれるのか

Image327.jpg

赤いボトルと唐辛子という漢字表記が見るからに
でも“辛くない、すっきりレモン風味”らしい。

飲んでみる。

想像以上に酸っぱ甘くて飲みやすい

こういうのって効果の程は分かりにくいけど、
運動のみならず家事の前でも飲んでみよう。
そうだ、リコーダーの練習の前にも飲んでみよう。
ちなみにアイス大好きパパも飲んでみるそうです。
内臓脂肪を気にしてるみたい
pagetop

2012/05/10

生放送

何度か竹山リコーダーの取材でテレビ出演をさせていただく機会がありましたが、今回は「スーパーニュースアンカー」生放送ということでリハーサルの間から慌ただしい雰囲気でした。

私たちはほんの30秒ほどのことですが、時間内に納めなくてはならないとか、当然やり直しはきかないわけで、なんとも落ち着かない気分です。

Image319.jpg

工場のリポートから計6分ぐらいの中継でも段取りの打ち合わせ、カメラ割、中継車とのやり取りなど大変そうでした。

ふと見ると、見たことのあるお兄さんが

Image320.jpg
関西テレビ 坂元アナウンサーとLガナ

番組のテーマソングをリコーダーで吹くということで3人で3重奏に。こちらは別撮りで。



本番まで時間もあったので控室で3人でマッタリしながら時間を待ち、
いよいよ本番。
演奏中はともかく、吹いていないときのほうがどこを見ていいのやらわからず、キョロキョロしていた様子がバッチリ放映されていて…


そんなこんなで、あっという間の6分間、いや1分間でした



撮影クルー撤収後、
竹山リコーダーの皆さんと関西テレビの記念品争奪ジャンケン大会

知る人ぞ知る、
ジャンケン勝率10%以下
の私がなんと2位通過

Image322.jpg
ヤマヒロアナウンサーの癒し玉をゲット


Image323.jpg
世界の竹山社長も「ん・・・どれにしよかいなぁ」



たまたま見ていてくれた友人たちから「びくっりしたよ!」というメッセージと共に、リコーダー製作過程を初めて見た、手間暇かかってるのね~、最近注目の楽器ナノ?! などなど感想をいただきました。多くの人にリコーダーに関心を持ってもらえると嬉しいです
世間のニーズにも合わせたアピールも必要かもとふと考える一日でした

最後に、
いつも竹山社長、ありがとうございますっ
pagetop
7日放送の関西テレビの夕方の番組

スーパーニュースアンカー」内で

竹山木管楽器製作所からの中継コーナーがあります。
(17時40分ごろ)

リコーダー製作の様子が工房からの生中継で紹介されると思います。


ちょこっとだけLガナッシュで演奏させていただきますので

よかったらご覧くださいマセ
pagetop
ひょんなことから久々にいずみホールへ古楽を聴きに行くことになりました。日本テレマン協会の定演なのですが、オールバッハプログラム。有名どころの管弦楽組曲やブランデンブルグの4番もあったので次男も連れて行ってまいりました。

パパと待ち合わせをして、巨大な大阪駅をキョロキョロしながらも早めの夕食にイタリアン。時間も迫っていたため急いだものの結局少し遅れて大阪城公園駅へ


ホールに着いたら当然コンサートは始まっていて、1曲目の1楽章が終わったところでホール内へ。久しぶりに来たけど、木をふんだんに使った立派なホールです

この日のコンサートはウッラ・ブンディーズさんという女性のバロックバイオリン奏者の方がこの春からテレマン室内オーケストラの首席客演コンサートマスターに就任されたそうで、そのお披露目演奏会。
チェンバロに高田泰治さん、フルート&リコーダーに森本英希さんと出口かよ子さん。ということで、バイオリン、チェンバロ、フルートの活躍するプログラムでした。

ショパンやドヴュッシー、ラフマニノフあたりがお好みのピアノ弾きのパパはバロックにはてんで興味なし。でも“バイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ第6番ト長調”を聴いて「この人の弾き方いいね~」なんて言ってましたわ

管弦楽組曲第2番のフルートも素晴らしかったです。森本さんのフルートは以前、京都芸大で開かれたヤロスラフ・トゥーマ氏(チェンバロ)の公開講座の時に聴かせていただいたことがありました。そういえばシュシュのヴァイオリンさんとチェンバロさんも今度一緒に演奏されるんだったかと。

ブランデンブルグではフルート奏者のお二人がリコーダーに持ち替えて登場されました。弦隊もフルメンバー。ヴァイオリンソロも華々しく迫力のある演奏でした。ただ、大きな響きの良いホールで弦楽器がヴァイオリン7、ヴィオラ2、チェロ2、コントラバス1、チェンバロとあると笛の音が良く聞こえない…曲を知っていて一生懸命聴いて聞こえるって感じだったなぁ。座席が悪かったかな?ちょっと残念でした小編成の管弦楽組曲2番でもフルートがもう少し聞こえて欲しかった感があったしなぁ…


とはいえ贅沢な空間でゆったりとした時間を過ごすことができました。
アンサンブルをするうえでの拍子感とかフレーズの出し方、曲の中ではそれぞれのパートがが独立してる部分もありますが、必ず全員が一緒になるところが現れます。そのポイントでの一体感の出し方などで曲全体の表情が随分変わるのだろうな


このような古楽器をつかった大きなコンサートでリコーダーの登場する曲をもっと取り上げてもらえたら、たくさんの人にリコーダーの芸術性を認知してもらえるのかもしれないと思いつつ会場を後にしたのでありました


Image316.jpg
こんな立派なホールで演奏できると気持ちいいだろうな~

pagetop
「1日にみんなで遊ぶからよかったら来てね」

誘っていただいて、キョトンとした。
学校関係のスケジュールが常であった我が家には5月1日が休日であるという感覚が全くなかったのである。そうか”労働者の日”だったのか。


フルートさんたち、はじめましてのオーボエ&ガンバさん、今日はガンバ&リコーダーさんたち、そしてチェンバロさんとで遊び会。申し合わせた訳でもないのに、ケーキ、パン、お団子、アイス、イチゴとバランス良くいろいろなご馳走でいっぱいのテーブルを見て、

音楽バックにまったりするゾ~


Image315.jpg
リカちゃんがイチゴ抱えてるかわいい~



とはいえ古楽好きの皆さん。お菓子だけじゃありません。たくさんの楽譜を持ち寄って、次から次へといろいろな編成で合わせます。オーボエが入ると一気に宮廷音楽の雰囲気になっておもしろい。テレマンやルイエ、スカルラッティにフィリドールもさらっと音出し。普段はガンバやリュートを弾いている面々と7月にリコーダーコンソートをすることになったので、その打ち合わせと曲選びもぬかりなく。

それにしても皆さんハイレベル音楽歴も相当長いし、いっぱい勉強されている方々ばっかりなので学ぶことだらけです。曲とか音とか表現に対する思いが深いので一緒に音楽するのがとっても楽しい(音楽するものにとっては当然のことだけど、私なんぞでも時々“ん??”って思うこともあるのでね

なんとも贅沢な一日でした


Image314.jpg
某地下鉄の駅構内のエレベーターの壁
なぜ古代エジプト…

pagetop
ママ友…

というよりもはや子供そっちのけでワイワイやっているお仲間たちと、テント張って、コンロで炭を熾して、肉やら野菜やら魚介をジュージュー焼く、GWらしいイベントをしました

みんなと出会ったころはまだ子供たちも小さくて、チョロチョロする小ちゃいのを気にしながらのワイワイでしたが、今では最年少組がうちの次男の5年生。上は高校生や社会人になっている子供らもいて月日が経つのを感じます

子供たちも大きくなってくるとそれぞれのスケジュールがバラバラ。
朝からクラブ子や午後からクラブの子といろいろなので、午前中からジュージュー

「はよ食べて行きや~

「おかえり~ おなかすいたやろ~ いっぱい食べや~

大阪の母たちの声が飛び交います


子供たちは小学生から高校生まで入り混じって何時間も走りまわり、
親たちはまったりのんびりウダウダ


Image312.jpg


おなかも心も一杯のGW前半戦でした。
pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。