上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
いよいよ7月ですね

いつもお世話になっているカルチャースクール“ハリー永和”で夏休み子供カルチャースクールが企画されています。

夏休みの宿題にも役立つ工作、絵画、陶芸や、囲碁、茶道。

そしてリコーダーのクラスも行います。


内容は、ドラえもんの映画の主題歌でもある福山雅治の「生きてる生きてく」とポケモンのエンディング曲であった「七色アーチ」をソプラノやアルトリコーダーで合奏します。

「生きてる生きてく」はとても馴染みやすいメロディであり、とても元気の出る曲。「七色アーチ」は歌い上げることのできる感動的な美しいメロデイです。タイプの違う曲を3回のレッスンでマスターできたら、2学期に是非学校でお友達に披露してあげてください。

リコーダーが好きな子は吹きまくり
苦手な子はゆっくり慣れていきましょう

たくさんのご参加お待ちしています


ハリー永和 夏休み子供リコーダー教室

 日 時: 7月23日(月)・ 7月30日(月)・ 8月27日(月)
        いずれも15時~16時

 受講料: 3000円(単発も可…@1000)

 詳しくはこちらからハリー永和 夏休み子供リコーダー教室
pagetop
柏原リコーダーアンサンブルの皆でグループホーム「かがやき」へ演奏に伺いました。

到着すると、既にホームのみなさんはスタンバイしてくださっていて、それも皆さん艶やかな浴衣姿でとても涼しげな装いです

我らも急いで準備やら何やら
今回司会をお願いしたこちらでレクもやってらっしゃる友人と打ち合わせをしたりでちょっとドタバタしたまま、じゃそろそろ始めましょうか?みたいなスタードだったため、子供らも本番の緊張感もさほど感じられず普段通りの雰囲気。


出だしの音が少々不安げではありましたが始まってしまえば元気に演奏してくれました。2曲目のしっとり系の曲も気持ちよく聞いていただけたかな

女の子が二人浴衣に着替えてくれて、懐かし手遊びを一緒にして、ちょっとした体操なんかも取り混ぜなから歌ったりで楽しんでいただけたかと思います。

P6230010_convert_20120626131339.jpg


途中で予想外のインタビューが!
子供たちにマイクが向けられました

 
 ※リコーダーを始めたきっかけは?

   「リコーダーが上手になりたいからです」
   「先生のコンサートを聴いてやってみたいなーと思いました」
   「先生みたいになりたいと思ったからです」



いや~ん
嬉しいじゃないですかー
 
思いがけない言葉に感動でウルウルですよー
前にも、学校で書いた何かの感想文に
  「リコーダーの発表会で何度か演奏して、
   (聴衆に)喜んでもらえたことが嬉しかった」
というようなことを書いてくれていて、私もやっててよかったと思ったことがありました。


ホームの皆さんやスタッフの方々には最後まで元気な歌声と手拍子で盛り上げていただいて、無事に1時間のプログラムを終えることができました。
このような機会をいただけたことに感謝です

もちろん私自身も含め反省点も多々。子供らも何度目かの経験になるので、良くも悪くもちょっと慣れてきています。

7月の時にはビシッと決めるところは決められるように頑張りましょう


保護者のみなさま、お世話になった皆様、ありがとうございました。
pagetop
柏原リコーダーアンサンブルの子供たちは、この土曜日に近くのグループホーム&デイサービスで演奏させていただきます。本年度初のイベントであります。前から練習していた曲に新しく始めた曲も取り混ぜて、利用者さんと子供たちの触れ合える企画も盛り込みながらのプログラムにしました。
子供たちは、まぁアレコレ言いながらもやっぱり練習の成果を聞いてもらえる機会は楽しみなのではないかな目標ができると練習にも張り合いができるし、喜んでもらえると素直に嬉しいと感じるだろうし。お年寄りにとっても“子供”という存在自体が癒しになるようですし。楽しい時間になればと思います。


そしてありがたいことに来月も依頼をいただき、堺市の「ソルメゾン」という施設へ演奏に伺います。こちらは規模が大きい施設で、イベントも毎日のように行われています。利用者さんも大勢いらっしゃるようで、これはちと私とうちの子供たちだけでは音量その他も含めて力不足かも・・・

ということで、大人のリコーダーグループにヘルプをお願いすることにしました。学園前で活動をされている「ピアーレ」さんというグループにお声をかけさせていただいたところ、遠方にもかかわらず快諾いただき、感謝感謝

今日、打ち合わせを兼ねて練習にお邪魔させていただきました。
とても熱心にまた丁寧に演奏されるグループで、もちろんお上手ですしリコーダー吹くのが皆さん楽しいんだろうなと感じられる演奏で、とても頼もしく、これで本番も乗り切れる!と安心いたしました

子供達と一緒に演奏する曲の合わせをして、全体の流れの確認。


・・・当日私の仕切りが一番の不安材料です


がんばりますっ



ところで、自宅から学園前に向かうのに「のんびりJRルート」を選択したのですが、JR大和路線王寺駅で驚きの出来事が


終点王寺駅で降りようと思いドアの前にたっていたら・・

ドアが開かない

なんで?!
隣りのドア見たら開いてるし、降りてるし。

なんで?!

よくわからないままとりあえず隣りのドアから降車。

ん?!まさか手動


普段使っている大和路線。大阪市内、天王寺から各駅停車に乗ることもあります。王寺へ行くことも過去に何度かありました。たまたまそういう車両だったのか、王寺止まりだったからなのか、節電なのか。手前の駅ではどうなっていたか、気にもしていなかったのでもちろん不明。

あまりにも驚いたので、ググってみたところ同じことを書いてらっしゃるブログを発見。

結構大きな駅なのに、いやぁビックリでした

pagetop

2012/06/19

新聞作り

今年は中学校のPTAの広報委員長なるものをお引き受けしております。
来月のPTA新聞発行に向けて4月から資料を集めたり、方々へ原稿を依頼したりと、やってみたらなかなか手間のかかるお仕事ではないですか委員の皆さんにも写真取材などいろいろとご協力いただきました~

自分でやってみて分かりました。

いやぁ毎年皆さんお忙しい合間をぬって頑張っておられたんだー



本日ようやく初入稿の運びとなりひと段落


ホッ


PTA活動や学校の様子、子どもたちのことなどを会員(保護者と先生)にお伝えする広報紙。性格上、なにかオリジナリティのあるものを・・と思っていたけど、結局基本形は例年通りの紙面になってしまったかな
それでもアレコレ目一杯紙面を埋め尽くして持っていったから、どんなふうに仕上がってくるのか楽しみです

デザインのおじさん、格好良く作ってねー
pagetop
4月のシュシュのコンサートが一部公開されました

メンバーのAさん手作りの中世風の衣装で演奏しています


アンサンブル シュシュ
“Istampies/Lamento di Tristano e la Rotta ”


波の音がステキでしょ

私の頭のキラキラも輝いています
pagetop
近くにこの秋スーパーがオープンする。

ようやく店舗の全貌が見えてきた。

営業時間も大きく表示されていた。



朝9時から夜10時まで


「9時から10時まで開いてるんや~

とボソッと呟くと・・・

次男、真顔で


「1時間しか開いてないんや~




そんな訳ないやん


彼はもう10才です・・・
pagetop
今年3月にOPENした京の盆地の中の水族館に行ってきました。月曜日だというのに沢山の人です。私たちもそうだったけど、この時期の月曜日は日曜参観などで学校が代休になっているところが多いのでしょうね。

Image382.jpg


最近は大規模な水族館が多いので比較的こじんまりした印象ですが、目の前には広~い公園もあるし、休日に親子でのんびり過ごすにはもってこいです。


Image384.jpg
皇帝ペンギンと(絵)



Image388.jpg
へんな名前


Image387.jpg
“おばさん”もいるの??


目の前でスーーッと泳ぐイルカのスピード感は爽快!
オープンしたての水族館だけあって、イルカたちもこれからどんどん技を磨いていくんだろうなー



お昼ご飯を食べてから清水寺へ向かいました。

ここへは何度も来ているけど、こんなのは初めてです。

Image390.jpg

胎内めぐり

境内にある随求堂(ずいぐどう)のお堂の下に仏様の胎内に見立てた真っ暗闇の世界が。真っ暗の中を、壁に巡らされた数珠だけを頼りに進んでゆきます。進んだ先にはこの菩薩を象徴する梵字(ハラ)が刻まれた随求石を廻して深く祈り、再び暗闇の中をたどってお堂の上に戻ってくるというものだそうです。


子供たちと一緒にドキドキしながら暗闇へと続く階段を下りてゆきます。

本当に真っ暗

みんなの声は聞こえるからそばに居るんだろうとは思うけど、ほんの目の前に居るはずの人の気配さえ感じない真っ暗闇。アトラクション的にキャーキャー言いながら(罰あたり!)手すりと足の感触だけで進んでいきます。曲がりくねった道を進んでいくと闇の中にボヤッと浮かぶ明り。闇から仏様に出会って救われて祈る瞬間なのだろうけど、みんなとにかく大騒ぎ
ようやく出口の明かりが見えてきてホッとするのでありました。

楽しかった~
もう一回~

と子供らは言うけど(やはり罰あたり!)凄く怖かったんではと思います。大勢で入ったから盛り上がったけど(罰あたり・・)



その後、縁結びの神様「地主神社」の“恋占いの石”にチャレンジする子供たち。二つの離れた岩の間を目を閉じたままたどり着ければ恋の願いが叶うというもの。

次男曰く、
「足もとの石畳のラインを足の裏で辿って行けば絶対いけるやん!
と、どや顔で言い放ち早速実行…

あみだくじかっ


何度やっても同じ所で横の線をたどって曲がって行くのです
そして曲がった先には賽銭箱…


そんなこんなで、一応参拝もして(罰あたり…しつこい)、音羽の滝のお水をいただいて、

ん…水族館よりも子供ら楽しんでるよね

まぁ、よかったよかった


三年坂、二年坂を通って、高級料亭の間をとおりぬけ、途中芸子さんにも遭遇し、八坂神社を抜けて河原町へと降りました。


良く歩いたなー
帰りの電車で子供らはもちろん爆睡…





pagetop
スウェーデンのリコーダー奏者、ヨーラン・モンソン氏が近くのホールでコンサートをされるということで、せっかくなので伺いました

ヨーラン氏は4代続く音楽家の家で生まれ、スウェーデンの伝統音楽を中心にジャズ、ポップス、さらには日本のメロディーなど取り混ぜて、リコーダーやさまざまな笛をつかってのパフォーマンスをされています。

この日も和太鼓(数種類の和太鼓を取り混ぜてドラムセットのよう)と、尺八とのコラボレーションのステージでした。北欧の伝統的なメロディーは日本人でもどこか懐かしさを感じるものもあり、また日本の“さくら”をアレンジした曲もあり、北欧の民族楽器の笛と日本の尺八、音色も似ていて和と洋の隔たりを感じさせない一体感でした。

共演のリコーダー奏者・織田優子さんの音はとてもクリアで伸びのある華やかな音色でした。

ヨーラン氏の一番の見せ場は通称“箱バス”と呼ばれる大きなコントラバスリコーダーのパフォーマンス。

head_gm01_convert_20120605235713.jpg

普通リコーダーは木をくりぬいて作るのですが、これは板で組み立てられたリコーダー。上部でUターンして折れ曲がっている分の長さも合わせるとかなり長く…つまり低い音が出るリコーダーなのです。

この楽器のキーをバタバタさせて打楽器ようにも使いながら、即興ジャズのような迫力のあるパフォーマンスでした。


コンサート終了後、ロビーに降りてこられたヨーラン氏。
楽譜を購入して、サインもしていただきました

Image379.jpg

Image380.jpg


織田優子さんとも暫くお話をさせていただいて、
楽しい土曜日の午後でした
pagetop
所用で横浜へ出かけることになった。
日帰りのため早朝のN700系に乗車。
車内の広々感、発車時のGのなさ、振動の少なさ。
うん!快適であーる

目的の要件が片付くには午後までかかるだろうと踏んでいたので、まぁ中華街で美味しいものをいただいて帰ろうかという予定だった。

ところが思いのほかコトが早く済んだ。

半日丸々時間があるではないか

さて、どう動く…

とりあえず昼食でもとりながら考えるか、いや…その後の動きによっては時間の無駄になる?胃袋の許容量も計算せねば…半日あるなら東京まで足を延ばすこともできるなー

一瞬のうちに脳内フル稼働


まず中華街でランチをして東京へ移動か。
ん…横浜ー大阪間の新幹線のチケットを用意していたので帰りは横浜から。となるとやはり予定通り晩御飯を中華街、先に東京へ出るべし!

さぁどこへ行く。


ムーミンカフェ

お台場

はとバス??


突然の休暇に舞い上がる“オノボリサン”




結局どこへ向かったかというと

Image362.jpg

ここはやっぱり、いま日本中で一番話題の観光スポットへ行くべきであろうという結論に達したのである。
目の前で見る世界一の電波塔は流石にド迫力!

平日にもかかわらず人だらけのソラマチを一通りぐるっとしてお土産を物色。


Image364.jpg

カフェで一息ついて、真下からとは違う姿を浅草あたりから眺めてやろうと思ったら、なんと外は大雨

全体像は諦めて、またもショップをブラブラ

Image375.jpg
“相棒”好き(正確には相棒の神戸好き)の次男のために


そんなこんなでいい時間になり横浜へ戻る。

Image367.jpg
お約束の写真


Image371.jpg
店は決めていた



Image369.jpg
うまうま

タイミング良く店に入ったので待つこともなく、美味しい辛さに大満足。



長年の懸案事項も片付いて、観光もできて、美味しいものもたらふく食べて、思いもよらず大変濃い一日となったのである~

pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。