上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
「艶やかなるフレンチバロックの午後」

581344_229471297192119_2016696601_n_convert_20130324130254.jpg
リコーダー2本とヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロのフレンチバロックコンサートにお越しいただきましたたくさんの皆様、おそらく初めて聴く曲ばかりだと思われるプログラムにもかかわらず終始温かい笑顔と拍手で支えてくださりありがとうございました。

午前中にメンバーのご自宅でリハーサルをし、森を抜けて会場へ向かいました。広い公園に出ると明るい林のように木々が立ち並ぶ開放感あふれる爽やかな光景。ワンちゃんと遊ぶご家族連れの姿に日本じゃないような錯覚をする景色でした。

ホ~ホケキョ

春ですね


今回のプログラムはフレンチ。フランスバロック=宮廷音楽と言っても過言ではないほど優美な世界です。しかし一般的にはなかなか知られていない作曲家、曲が多いので、プロデュースの山下さん(チェンバロ)がプログラムと一緒に作曲家の肖像画や貴婦人の生活などの資料を用意してくださいました。おかげで皆さんに宮廷の様子が少しイメージしていただけたのではないでしょうか。

ボワモルティエ、マレ、クープラン、ラモー、唯一女性のド・ラ・ゲール、そしてコレット。

今回ある意味話題をさらった人物「コレット」さん
ちょっと残念な印象・・・
215px-Michel_Corrette.jpg
Wikipediaより

こちらはマレー。見るからに高貴で立派な方のようですねマレーのトリオはいい~!なんともいえない不安定さの中から解放された平和な響きにゾクゾクします
180px-Marin-marais.jpg
Wikipediaより


聴きなれない曲ばかり続くのも疲れるので、間に小品を挟むことになりました。

「恋のうぐいす」クープラン

もともとチェンバロの曲ですが小鳥の鳴き声を模したメロディはまさにリコーダー向き。リコーダーの重要レパートリーの一つなのです。ついさっき実際に鶯の声を聞いたばかりで春の午後にはぴったりの選曲になりました。何よりリコーダーの魅力が一番伝わる曲かもしれませんね。お客様にも喜んでいただけました。

ド・ラ・ゲールのトリオソナタは楽章がつながった珍しい形。その分1曲が長いスパンで盛り上がっていきます。エンディングへ向かうまで半音進行で延々と上っていくものすごい緊張感。そしてその先に現れた天上。
この日はヴァイオリン・リコーダー・スピネットのトリオでしたが、近々チェンバロそしてガンバの加わった編成ですることが出来るので、更に迫力のある曲になるでしょう。とっても楽しみです

まだまだ未熟でメンバーの足を引っ張ることばかりですが、魅力的な音楽を奏でられるように頑張ります

DSC_0355_convert_20130325002813.jpg
お客様にご用意したクッキー
阿波座にあるケーキ屋さん「An-San」さんに作っていただきました!










pagetop

2013/03/23

何が違う?

人見知りなのです。
最近はちゃんと目をみて話すように心がけてはいますが。
きっと怖さと自意識過剰と、そんなところなのでしょう。

こんな自分でも昔から近くには心温かい友人がいてくれました。幸せなことですね。そしてそういう人たちはたいてい誰からも信頼されていているものです。

もちろん自分はダメダメな人なので違ってあたりまえなんですが、それでも彼女たちの何がそんなに人望を集めるのだろうと考えてみます。

楽しくて明るくて親切で、知識が豊富だったり技術が長けていたり。
いや、そんな人は結構いるのです。みんないい人です。

でも彼女たちは何か違うのです。何を持っているんだろう。


程よい距離感を保ってくれる

つまり尊重してくれている


そういうことかな。

無関心ではないけど必要以上に干渉しない(言葉に出さない)、よく気はつくけどむやみやたらには口や手を出さない。本当は出来るし分かるしってことでも一歩引くことが自然と出来る。

気遣いや親切も相手のために良かれと思ってしたことでも、それって結局自己満足?なんて事もありがちですが、彼女たちは相手の欲する具合を見極める能力を持っているんでしょうね。きっと愛されて育って、よい意味で自分に自信があって安定もしているでしょう。そしてまた彼女らの子供たちも同じように人徳のある人に育っているように思います。


とあるブログにこんなことを書いてらっしゃる方がいました。

「例えば、次男はお薬持って来て!って言うと、必ずお水も持ってくる。これは気が利いてるんだと思う。長女は、お薬を持ってきてというと、お水も持ってくるけどそれ以上に余計な事をする。どちらも良い子なんだけど、長女はでしゃばりと評価される事が多い」「どっちかと言うと長女の方が、やってあげたい気が満々なんだけど、相手が望む事よりも自分が出来る事をアピールしたいように周りからは評価される。せっかく相手が望む事に気がついたのに私、○○も出来るよー!までアピールするからでしゃばりになる。損な性格だわ」

なるほど…


ま、そもそも私自身はダメダメなんで問題外ですけど、少しでも見習っていきたいものです




pagetop
居住市内に某教育大学があり、そこの学生が市民向けにイベントなどを企画していることが多々あります。今日は「星空教室」というのに家族で参加してきました。

案内によると、

15000個の星を映し出す自作プラネタリウム

期待半分でいきました

次の投影時間まで少しあったので、室内展示を見学。文化祭のような手作り感満載でしたが、そこは教育大、小学生くらいの子供たちにわかりやすい展示で星についての説明も積極的にしてくれました。

DSC_0344_convert_20130321005124.jpg
手作りのプラネタリウム投影機
アルミ板を丸く切り抜くところからすべて手作りで、ミニ四駆のタイヤを利用したりしているそう。


いよいよメインイベントのプラネタリウム。教室に入るとオレンジのドームがどーーーーん!

DSC_0346_convert_20130321005155.jpg

注意事項の説明の後ドーム内に入ります。
意外と広い一度に20人くらいは入れるそうです。


おーー!
真っ暗な空に3月の星空が出現
星座の探し方や神話のお話を聞きながらの星鑑賞。星座絵を星に重ねるのや星空を動かすのが手作業だったりもちろん手作り感はありますが、立派なプラネタリウム

このドーム、ダンボールで作ったそうです。組み立てるのも大人数で支えあいながらの作業。最初はもう少し小さいドームだったそうですが、今やこんなに大きくなり、前回はダンボールむき出しのものでしたが今回はオレンジに色、そう、太陽をイメージしたそうです。そして太陽の大きさと比較ができるように惑星の模型も作って教室に展示してありました。地球なんて直径5センチくらい。ちっちゃいこんなの見てると人間なんて点にもならない、無力で非力で日々のごたごたなんてどーってことないって思いますね。

クイズに答えてお菓子つかみ取りさせてもらった星好き次男はご満悦。
学食でお昼ごはんをいただいて、ちょっと楽しい休日になりました



pagetop
夏にもお世話になった堺市の福祉施設さまにまたまた声をかけていただいて、子供たちと演奏に行ってきました。

今回はアンリュウリコーダー倶楽部にご参加くださっているOさんがボランティア活動されている「どんぐりバンド」さんとジョイントコンサートという形になりました。

どんぐりさんの特色はたくさんの楽器たち。この日はお琴を二面(って数えるんだそうですね。知らなかった)持ってきてくだいました。他にはハーモニカ、鍵盤ハーモニカ、リコーダー、電子ドラム、ピアノと賑やかに盛り上げてくださいました。

KREのみんなは電車で小一時間かけて出かけた疲れもなく元気いっぱい。2度目の場所なので慣れたもんですただ、どんぐりさんとは初顔合わせ。一緒に演奏する曲のリハーサルと全体の流れを確認して、本番に臨みます。

今回は子供らしい曲で「ねこふんじゃった」「おおブレネリ」を最初にやりました。みなさん鼻歌交じりで口ずさんでくださって、なんだかうれしい年配の方たちなので落ち着いたメロディアスな曲がいいのかと思いきや、やっぱりリズミカルな楽しいものは明るい気持ちになるんですね。

P3020089_convert_20130312010511.jpg


古い舞曲を演奏したあと、今やKRE慰問演奏の十八番となった
“子供たちによる昔遊び”
今回は「あんたがたどこさ」に挑戦。ボール持参で参りましたよ。

二人の女の子に皆さんの前で鞠つきやってもらいました!緊張したと思うなー。控え室でもリコーダーの練習はしないけど、鞠つきの練習はずっとしてました無事成功してホッ

P3020085_convert_20130312010740.jpg
ボールが見えない

利用者さんと一緒にちょっとしたゲームをしたり、子供たちも肩たたきしたりと触れ合った後、春の歌を一緒に歌いました。「さくらさくら」「荒城の月」前にも書きましたが、日本のメロディは染みますね~

話がそれるけど「君が代」のメロディなんて超かっこいい!いろいろ問題はあるけど(それが歌詞なのか日の丸なのかはおいておいて)純粋にメロディがステキって思うのさ。


ここでどんぐりバンドさんにバトンタッチ。

お琴での「ひなまつり」や「瀬戸の花嫁」「千の風になって」、最後は「河内おとこ節」を利用者さんも一緒に踊って盛り上げてくださいました。いやぁ、さすが年間20回以上もボランティア演奏をしてらっしゃるだけあって、凄いです

P3020092_convert_20130312010923.jpg

最後は全員でふるさとの大合奏&大合唱で1時間のプログラム終了。どんぐりさんたちには短い時間で物足りなかったと思います。申し訳なかったな…


柏原リコーダーアンサンブルのみんなは人数が少ない分すごく仲良し。今までにたくさんの本番を一緒にやってきた仲間、見えない何かで繋がっているのはみんなの顔を見ているとよくわかります。


新メンバー大募集中!!
学校や他のお稽古事ではできない経験を
一緒にたくさんやりましょう!

お問い合わせは当ブログメールフォームより

P3020090_convert_20130312010638.jpg
どんぐりバンドのリコーダー隊のみなさんと「ヴィヴァルディ“春”」
pagetop

2013/03/06

狙い?!

とってもおしゃれなケーキ屋さん

店員さんたちもかわいい制服でまるでメルヘンの世界




よく見るとネームプレートの名前の下に

“好きなもの”

という欄があって、それぞれ好物のものなんかが書かれています。

お客さんに親しみを持ってもらおうということでしょうか。

ある女の子は「レアチーズ」とか。

うん らぶりぃ




とってもおしゃれなケーキ屋さん

店員さんたちもかわいい制服でまるでメルヘンの世界




レジを打ってくれていた店員さん。

他の子たちよりちょっとお姉さん。(私と同世代、もしくは少し上??)

なかなか貫禄の体格で、森久美子さんみたいな感じ?!

見るでもなく目に入ったネームプレート…

“好きなもの”




お す し





とってもおしゃれなケーキ屋さん

店員さんたちもかわいい制服でまるでメルヘンの世界



pagetop
長堀でのレッスンの行き帰りに出くわした二人の人物のこと


その1
とあるドラックストアの陳列棚の前でなにやら物色するオジサン。
作業服姿に野球帽。60歳前後とお見受けします。
ガン見していたもの…それは

つけまつげ 




その2
地上は大雨。私は地下街を通って駅に向かっておりました。
人込みの中20メートルほど先に透明ビニール傘が開いています。
髪の長い若い女性。
地下に潜ったのにそのまま傘をさしています。
まったく気づいていないのでしょう。
ずっとそのまま歩いていきます。
何人もの人が「傘さしてる!!」って驚いて言っている声も聞こえました。
だれも指摘してあげることもなく
そのまま更に地下の駅の改札へと消えていきました



DSC_0331_convert_20130302011201.jpg
「美味しいのよ~」いただいたコーヒー豆のチョコ


pagetop
中学校のPTA広報委員長なる大役を仰せつかっておりました。
お仕事内容は年2回の広報新聞発行。PTAの活動の周知を図るものですが、学校行事や生徒たちの様子をお伝えしたりもします。

例年の新聞や他校の新聞を参考に毎年委員長と委員で紙面を作ります。学校もPTAも毎年行われる行事にそれほど変わりはないので、いつも同じような内容の新聞になってしまうのはある程度仕方ないのですが、せっかく作るならちょっとでも工夫したいな、例年にない記事載せたいな・・と欲張ってしまいました

1学期発行分には学校にお願いして昨年度の進学先高校名の一覧と進路指導の先生のお話を載せました。通常3年生には受験や進路について説明がありますが、1,2年にはそういう情報がまったくないので、知らない高校の名前もあって興味深かった

年度末発行の今回の分は、学校の七不思議のようなネタがあればいいのに、という委員さんの案から、学校に建つ謎の像について調べました。これがなかなかの展開になり、がんばった取材記事になりました
(謎の像の正体については新聞配布後にUP予定

中学2年生は地元の商店、企業さん等のご協力で職業体験をさせてもらいます。生徒たちの体験報告や親の感想は聞くことはできるのですが、受け入れてくださった側の感想を聞く機会はなかったので聞いてみることにしました。正直たった3日間子供に仕事をさせるのは手間がかかって面倒だと思います。それを受け入れてくださっているお店の意見が伺いたいと思ったのです。
Facebookでつながりのあった書店の店長さんに思い切って取材をお願いしたら快諾してお時間をとってくださり、子供たちへの思いを熱く語ってくださいました。インタビュアーの委員さんも聞き上手で、とてもよいお話を聞くことができました。

宮脇書店 柏原店
ありがとうございました!

体育祭などの行事の写真もありがちな写真ばかりではなく、裏方で頑張っている子たちの様子も載せました。

ある程度レイアウトも指定して、アレもこれもと思っていたら紙面がいっぱいになってしまい、デザイン会社の方に「文字数多いすねぇ」といわれてしまいましたが、なんとかかっこよく収めてくださいました。

417671_350736055042123_84609103_n_convert_20130301023047.jpg
写真ばっかりの紙面が嫌だったとはいえ、確かに字が多い読み応えがあるってことでご勘弁



わがままにお付き合いくださった委員さんとデザインのY屋さん、原稿を書いてくださった先生方やPTAのみなさん、本当にありがとうございました。満足の新聞ができて嬉しいです。

あとは・・・

PTAのみなさん、子供たちも隅々まで読んでください~









pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。