上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
東大阪市民美術センターはラグビーの聖地花園ラグビー場の目の前。花園の街はラグビーだらけ。

DSC_0731_convert_20130924215235.jpg
泣き虫先生が思い出される世代
指が・・・

DSC_0728_convert_20130924011519_20130924215138eea.jpg
駅前でお出迎え トライくん

DSC_0730_convert_20130924011621_2013092421514150b.jpg
地面でも微笑んでいる トライくん

DSC_0729_convert_20130924011549_20130924215140788.jpg
和菓子屋さんには 花ラグ饅頭

DSC_0732_convert_20130924215300.jpg
白壁に瓦屋根の美しい美術館
指が・・


ここ一ヶ月の本番前は直前でのハプニング続き

この日の演奏はアンサンブルプチフール。
前日にオーボエ&ガンバのOさんから届いた、見るからに大慌てであたふたした感じのメール。いったい何事だ?!訳が分からなかったけど、よくよく見るとどうもチェンバロのYさんの腰の具合が悪いみたい。どの程度の負傷なのか良く分からないまましばらくお二人のメールのやり取りを傍観。
(なんとか本番は頑張れそうな会話が見えたので、お大事にしてください~と返信したら、これが後日Oさんに「何をお気楽なメール送ってるねん?!それどころじゃなかったのに~」と呆れられてしまいました
あとでぎっくり腰だったことを知って、相当大変だったと判明

そんなトラブルにも負けず、当日は良いお天気、美しいお庭の見える会場で無事に揃って演奏することができました。
開場時間にはすでにたくさんのお客様。前の席から座ってゆかれます。定期的に行われているコンサートなので常連さんも多いのでしょうね。スタッフの方がおっしゃるには、今回の我々のコンサートには定員をはるかに超えるご応募をいただき落選された方も大勢いらしたとか。古楽器が珍しいということもあり、皆さん楽しみにしてくださっているご様子

DSC_0026_convert_20130924234906.jpg

オープニングの小品、リコーダーのソロ、ガンバのド・ソロ、トリオソナタ2曲にアンコールで45分間のショートプログラム。ロマンスグレーのトラヴェルソUさんの名司会。とても充実した内容でした。あっという間かな、と思っていたけどちっとも短いと感じませんでした。

終了後、駆け寄ってきてくださったお客様が
「天使が舞い降りている絵画が思い浮かびました!」
と感想を伝えてくださいました。とても嬉しい言葉

おかげ様でプチフールのデビューコンサートは良い感触で終えることができました。休む間もなく11月の第二弾フルコンサートに向けて準備に入ります。今度は明るい洋風のお庭があるギャラリーでのサロンコンサートです。東大阪のお客様が早速11月のご予約をくださったとの連絡も入り嬉しい限りです。優雅なひと時を共にお過ごしいただけますように。

DSC_0063_convert_20130924235015.jpg
          アンサンブル プチフール
     山下佐智子      財前奈緒子  植田雅彦
              太田賀之 


DSC_0055_convert_20130924235039.jpg
集合写真の構図決め中
まじめな顔でこんなことをしている笛の達人&名司会者


※この日ステキなプレゼントを下さったH.K様
どうもありがとうございました!


pagetop
DSC_0713_convert_20130924011418.jpg

万博へGO!with MBSラジオ2013というイベントに行ってきました。
次男の学年は去年「MBSラジオこども音楽コンクール」に応募しており、その関係で今年のこのラジオのイベントに招待されて、公開生放送で歌うことになっていたのです。

この日は台風接近で大雨の予報。それでも午前中は青空も見えていたので、なんとか本番までは持ってほしいと願いつつ、朝から子供たちの引率かねて同行しました。

会場の広場には特設ステージが設けられており、10時からのラジオ番組の生放送が始まっていました。我が校の出番は午後から。それまで自由時間。ぐるっと会場を一回り。展示ブースを見たり、美味しそうなものをチェックしたりしながらママともお喋りタイムです

ちょっと風が出てきた・・・

あめが・・・

大雨・・・

どしゃ降り・・・


みんな芝生でお弁当!の予定が、とんでもない雨でもうそれどころではありません。建物の中に避難したくてもこのイベントに参加している学校多数。ある種パニック状態です

「ピザとステーキ食べたかったのに、この雨じゃ買いにいけないな・・・」
母たちはさっさと買っておかなかったことを悔やむのでした

それでもなんとかみんなお弁当を食べることが出来て落ち着いたころ、お空も落ち着いてきました

母たち、顔を見合わせて、
「今しかない!」とアイコンタクト
釜で焼いたマルゲリータと、4種チーズに蜂蜜がけのピザ。本格ピザで超美味しかった!北新地のレストランのステーキも美味し!これで思い残すことはない!と大満足

と、いったい何をしにきたのか良く分からないまま時間が過ぎ、ようやく子供たちの出番がやってきました。雨も小降りでよかった
ステージに上がった我が子たちのラジオ出演の晴れ舞台に、父も母もおじいちゃんもおばあちゃんもこぞって応援に来られています。

そして歌が始まりました。うん!頑張ってる!

雨が・・・

大雨・・・

どしゃ降り・・・

もうビデオまわしながら笑えて来ました。ここまで降るか。。。

その後も雨は降り続き、芝生はスポンジの如く靴はぐちゅぐちゅ、こどもらはみんな服も頭もカバンもビチョビチョ濡れた体は帰りの電車で冷え冷えに。

それでもみんな頑張って元気な歌声を聞かせてくれました。引率の先生も遠方で大雨でご苦労様でした。

一つ残念だったこと。

それは

ラジオの生放送に登場できていたのは午前中の出番の学校だけで、午後からだった我が子たちの歌声は放送されなかったということ

pagetop
この夏、今までに無いくらい練習をしてきた成果を発表する日がやってきました。

9月14日、西日本リコーダーコンクール


難しい曲を形にできたのもコンクール出場という目標があったから。きっとそうでなかったらここまで頑張れなかったと正直思います。それほど今までより練習時間を多くとって5人全員頑張ってくれました。

ところが本番10日ほど前、一人の子が練習をお休みするという連絡がありました。そして1週間前、入院するという連絡が・・・

なんということでしょう

5人で5重奏。一人1パートです。一人欠けても出られない状態でした。当の本人は体調も悪い上、この状況を考えると一番ショックなのは良く分かるし、本当にかわいそう。。

しかし1週間前のこの土壇場でどうする

1週間の間に体調が落ち着けば一日外出許可が出るかもしれないということだったので、そこに望みをかけつつも、最悪の場合にも備えておかなくてはなりません。

諦めるか、代役を立てるか、曲を変更して4人で出るか・・・

代役案は、さすがに一週間前で小中学生しか代わりが出来ないとなると、そう見つかるものではありません。
とりあえず4人で出来る曲を練習しておきましたが、心配でもあるし、急遽担当楽器が変わったりと落ち着かない状態ではありました。

バタバタとした3日間が過ぎ、前日その子のお母さんから連絡が。

「病院から外泊許可が出ました!

よかったぁ~

でも安静にしていなくてはいけないので電車での移動はムリ。車で送ってもらって、少しの練習と本番だけなんとか参加してもらうことになりました。とはいえ本当にみんなホッとして、よかった、よかったと会場へ。


受付を済ませて、お昼を食べて、指定された座席に着いて、まず一般の部がスタートしました。


・・

・・

「あっ!」

という小さな声が子供たちのところから・・・

「どうしたん?」

「楽譜が落ちた」

「えっ?!」

ここのホールの座席は可動式になっていて、座席と座席の間などいたるところに隙間があるのです。紙類などはスッと落ちてしまいます。しかし楽譜はクリアファイルに入れていたのに、どうして???

そんなことより、大急ぎでスタッフの方に落ちたと説明したものの

「取れません」

「うそ・・・

パート譜の予備は持っていないし、楽譜がないととても吹けないし、本番まであと1時間。どうにもこうにもなりません。応援に来てくれると言っていたKさんに楽譜を持ってないか電話してみたけどこの曲の楽譜は無く、自宅に取りに帰る時間ももちろん無く、唯一持っていたスコアを使うしか方法がない。でもすごいページ数で譜めくりはムリ。
もう作るしかない!と大急ぎでスコアをコピー、そのパートだけ切り取り貼ってパート譜作成!大慌てで作業してたので順番違って貼り付けてたりでまたやり直しとか、そんな怒涛の1時間

結局本番予定時間には間に合わず、出番を最後に回してもらって、なんとかなんとか間に合ったという、なんともお騒がせな団体となってしまいました。


今までにいろんな発表の場で演奏してきたから、それほど緊張することもないのかと思っていたけど、さすがに落ち着いてというわけにもいかなかったでしょう。しかも普段とは違う環境の舞台ですし。袖で「緊張する~」ってみんないつもと違う表情でした。

演奏は、ん・・・100%の力が出せたかというと、そうでもなかったかもしれません。それぞれ悔しい思いもしたかもしれません。始めてのコンクール、ちょっと甘く見ていた部分もあったかもしれません。私自身も選曲の段階で、もう少し基礎力を上げることに専念できる曲にするほうが良かったのかと反省しています。難しい譜面を吹くことに精一杯で、限られた時間でそれ以上のことまで手が回らなかったのも事実だし。

でも今回思ったのはみんなのメンタルが強いってこと。そして5人が凄く支えあってるってことを再確認できました。

この大曲を吹くことが出来たことは凄く自信になっていると思います。みんな頑張った!という自負があると思うから。来月もう一度発表する機会があります。リベンジでミス無く演奏できるように改めて頑張りましょう!

P9140109_convert_20130919011409.jpg
小学生が4人で中学生は一人だけなのに、中学生の部でしかエントリーできないって・・・
pagetop
とんでもなく暑い、夏真っ盛り


洗濯機が壊れました(←出費)


20年間 お疲れ様でした
pagetop
車の故障に比べたらどうってこと無い話。

旅行から帰ってきてもまだお盆真っ只中につき、車はまだ修理に出せず。

TUTAYAにDVDを返すためにパパと次男が自転車で走りました。

パパは私のママチャリで


しばらくして戻ってきた二人。

「自転車パンクした!」

えーーーっ

自転車もかよ

パーン!と音を立ててしっかりパンクしたらしい

しかもそのまま走って行って、そのまま走って帰ってきた。

二人はハプニングにテンション上がって楽しそうに状況説明してくれたけど、いやいや・・


ようやくお盆真っ只中を抜け出した17日。近くの自転車屋さんに持っていこうと日傘片手にパンク自転車をゆっくり漕いで進んでおりました。

交差点で右から学生の自転車が走ってくるのが見えました。

左ブレーキをぎゅっと握る(右手は日傘を持っていた)

うわっ、止らない

ハンドルを切るもよけきれず、接触

コケル(←私)

スローでこけたのでたいした事はなかったけど膝を打ったのとカバンの中身が飛び散ったのと、学生に「大丈夫ですか」とか言われたのと恥ずかしいのと・・


気を取り直して、自転車やさんへ


17日までお盆休みをいただきます


最悪・・・・
pagetop
さて、先日の記事に度々現れたトラブルの件


今年は車検の年でありました。(←出費)
(これはトラブルではありませんね)
車が戻ってきた翌日、満を持して旅行へ出発

荷物を玄関に下ろして、車がガレージから出てくるのを待っておりました。

・・・

・・

ん・・・?

一向に動き出す気配がない・・・

パパ:「車が動かない、クラッチが入らない」

一同:「え?    うそーーーーっ」


いやいや、どうするん?
いやいや、旅館予約してあるし。
いやいや、昨日車検から帰ってきたところやん。

うろたえた直後、今度は腹が立ってきて、このイライラをどこにぶつけたらよいのやら

とりあえず車検を出した店に電話。しかしお盆真っ只中。
車やさん:「岡山にいます」

いやいや、どうするん?

え、レンタカー?
ネットで見てみるも、お盆真っ只中、どこも借りれそうにありません。

え、電車?
幸い近場だったのでいけないことも無いな。そうしたら他の行き場所変更しないといけないな。

そうだ!すぐ近所に車の整備工場がある!ダメもとで開いてるか見てこよう!とパパ走る

待ってる間も気が気ではありません。ネットで近鉄沿線で遊びに行けるプランを模索。名古屋観光にしようかな、とか考えてるとちょっと落ち着いてきてそれもアリかと思ったり

しばらくしてパパ戻る。
「見にきてくれはるって

おーっ!ラッキー!


しかし結果は
応急処置で直るものではなく工場に運んで部品交換等しなくてはならない状態でした(←出費)

やっぱり電車か・・

子供:「えー、嫌や~」

そんなこと言ったって仕方ないよ。

そこへ車やさんから電話。
「ちょうどこの後レンタカーが戻ってくるので、それ使われます?」

おー!ラッキー!

出発が2時間ほど遅れたものの、新型プリウスで無事に出発することができました。(←出費)

そういう訳で当初の旅行プランが大幅変更になり高野山へは行けなかったのでした。


pagetop
この夏はほんとによく頑張りました!
私じゃなくて、柏原リコーダーアンサンブルの子供たち
実は今週行われる西日本リコーダーコンクールに初挑戦することにしたからなのです。練習回数も相当増やしました。塾など他の習い事も大変な忙しい夏休み、立派に乗り切ってくれました。

コンクールとなると曲選びにも頭を悩ませました。ひと夏かけて練習する訳なので、技術的にもワンランク上のものに取り組みたいし飽きないように楽しめる曲のほうがいいし・・・
そして今回初めてバスリコーダーを加えての5重奏。本格アンサンブルになりました。
しかし、練習を始めたころは

ちょっと難しすぎたかな
できるだろうか・・・

正直曲の変更を考えた時期もありました。
しかし、なんのなんの!
みんなホントにホントに良く頑張りました。
臨時記号続出のしかも見にくい楽譜。今までに無い長い曲。速いテンポに始めてのバスリコーダー。

5人それぞれが個々の課題をどんどんクリアして、上達が目に見えて分かるほどです。おうちでも相当練習してくれていたことが音になってすぐ現れます。

何度もいいますが、本当に良く頑張りました。

もちろん、もっとこうなったらいいな、ああできるといいな、という部分はありますが、それでも3ヶ月前の彼らよりは数倍レベルアップしています。

土壇場でハプニングが起こってみんな不安を抱えての本番になりますが、あとは緊張の中で崩壊しないことを祈るのみ。

楽しく頑張りましょう






pagetop
翌日は御在所岳へ。

DSC_0686_convert_20130905002340.jpg
日本一の鉄塔だそうです

山上公園駅の標高は1180m。下界とは10度の気温差があるようで、昨日の滝よりさぞかし涼しいだろうと期待

・・・

下界は38度級。10度下がっても28度・・・さすがに肌寒いとまではいかないのでした。

DSC_0680_convert_20130905002446.jpg

DSC_0682_convert_20130905002521.jpg
リフトに揺られて山頂まで

お天気も良くて、眼下に広がる濃尾平野は壮大で気持ちよかった


当初の予定ではこの日は吉野川で川遊び、そして高野山へ、そう赤目から西へ向かうはずだったのですが、昨日のトラブル(※)により東へ来てしまいました。今から和歌山へ向かうのはちょっとキツそうなので急遽別の行き先を探します

伊勢まで行くほど時間も無く、ナガシマスパーランドの激混み必須。
ということで行ったことのなかった「なばなの里」を目指すことにしました。入場料1000円に1000円のクーポン付きってところに惹かれて

・・・あれ・・閑散としているのね・・・

真夏は花もそんなに咲いてないし、とにかく暑いし、何があるっていうわけでもなくただ公園。あちゃ・・・これはミスったかも

ぐるっと一回りして、子供らも「ここで何するの?」と言わんばかり。いやっ、1000円×4のクーポンがあるではないですか。そうだ!「ここへはお土産を買いにきたのよさあ!どっちが上手くクーポンを使うか、買い物ゲームスタート!!」

そんな楽しみ方をして帰路につきました。
がんばって高野山目指してもよかったかなぁと後悔しながら西名阪道の天理まで戻ってきたとき、不完全燃焼だった思いから、ふと「奈良のライトアップでも見て帰る?」と提案。天理で降りて奈良市へ。混雑している中心地は外して、平城宮の朱雀門と大極澱を目指しました。中へは入れないけど、ライトアップされてとっても荘厳で美しい

阪奈道路から見る大阪平野の夜景を見ながら今度こそ本当に家路につきました。

昨日のトラブル(※)に始まって予定か大幅に変更になった一泊二日のプチ旅行。そこそこ盛り沢山で楽しめたので良しとします
pagetop
前の更新はいつぞや・・・・


気を取り直して、
新学期がはじましましたぁーー
この夏はのんびりする間もなく過ぎて行き、まぁそれもそこそこ充実していたということで
といってもそうたいしたことではないけど、一応綴ってみます。


夏休み、数年前まではパパのお休みも比較的融通がきいたのでお盆を外して出かけたりしておりました。が、最近はそうもいかなくなって、一年で1、2を争う混雑・高値の日程にしか動けないようなことに・・それならムリに出かけなくてもと、夏のお出かけなど予定していませんでした。
しかし夏休みに入って次男が「どこか行きたーい」というもので、じゃ近場でちょろっと行ける所を探しましょ!と7月末。近場で一泊、長男の希望は温泉旅館、さすがにお盆真っ只中をそんなぎりぎりに探したところで空いているところなんて・・・ありました
いやいや、逆に空いているってことはそれなりの理由があってのことかもしれないぞ・・と警戒しつつ、でもまぁそんなに評判も悪くなさそうなのでGo!

行程(1日目)御在所岳ロープウェイ……赤目四十八滝  
       ペルセウス流星群観察
  (2日目)吉野川で川遊び……高野山、ろうそく祭り 

出発の日、とんだトラブル発生
そのため行程を変更。まっすぐ赤目を目指しました。自宅から1時間半もあれば到着するので当然日帰り圏内。そんな近くの温泉旅館に泊まるなんて、とっても贅沢な気分

涼とマイナスイオンを求めて滝めぐりへいざっ!

DSC_0638_convert_20130904005833.jpg
不動滝

DSC_0648_convert_20130904005905.jpg
千手滝

自然の中はやっぱり気持ちいい渓谷沿いを歩く人は多いものの、それほどの混雑でもなくいい感じに観光地思ってたほどひんやり涼しいってこともなかったけど、街中は38度なんて気温。それにくらべたら7、8度は低いからやっぱり涼しい。

DSC_0634_convert_20130904005751.jpg
ラブラブショット的なものも入れてみたり

DSC_0658_convert_20130904005947.jpg
サンショウウオの赤ちゃんたち

DSC_0660_convert_20130904010019.jpg
名物 サツマイモのみのお饅頭。スイートポテトみたいで美味しい!!


滝のほとりでうたた寝するくらいほっこり癒された後は、滝の入り口すぐの旅館へチェックイン。外観こそかなりの年数を感じましたが、入ってみるととってもきれいなかなか良いではないですか!

お部屋に案内してくださった仲居さん、浴衣のサイズを合わせてくださいます。「子供さんのはピンクを持ってきますね」「・・?」次男、女の子と思われていたよう・・

山を眺め鳥の声を聞きながらの露天風呂を堪能し、お食事タイム。

DSC_0667_convert_20130904010056.jpg
伊賀牛のにぎり 

DSC_0668_convert_20130904010122.jpg
伊賀牛のトマト鍋

ボリュームたっぷりでどれも美味しかった

夜になると滝がライトアップされていました。

DSC_0671_convert_20130904013431.jpg
ピントが合っていない・・・暗くて分からなかった・・

DSC_0675_convert_20130904013502.jpg
不動滝

幻想的な滝を見た後、流れ星探しをしようと思ったけど、思いのほか回りは暗くなく、しかも夜中に旅館を開けてもらうのも気が引けるので今日は断念

そしてもう一度お風呂(今度は内風呂)。
さぁ、後は部屋でゆっくりくつろいで寝るだけ~

売店でトランプを見つけた次男が「みんなで楽しくやる?それなら買う!」ホントこやつは偉い・・と感心しつつも「ほんとに買うの?」と思ったり。
ところが、このトランプが大当たり!このあと家族四人で異常な盛り上がり見せたのでした。普段はツンツンしがちな長男も“ダウト”で大爆笑

出発前のトラブル(※)もすっかり忘れて、予想以上の旅の初日となりました。


温泉旅館っていいわぁ






pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。