上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
今年も柏原リコーダーアンサンブルはKピアノ教室の発表会にゲスト出演させていただきました。
結成以来ですから今年で5回目。
初めての時はみんなまだ小さくて、ホールのレンタル譜面台では顔が隠れてしまうと写真屋さんを困らせていたのに、今ではすっかり大きくなって私も追い越されてしまっています。

今年はホイットニーの「3つの民謡」を演奏しました。この曲は吹いていても聞いていても楽しくて私の大好きな曲の一つです。曲のイメージ作りが出来てくると、あとは技術的に精度を上げることに集中。本番2週間前の段階で4人での掛け合いや繋がりがいまいちスッキリしなくて、どうしたものかと思っておりました。が、二日前の最終練習では、それまでいったい何をもたついていたのか??というくらいスッといくではありませんか。

「なんか、急に出来るようになってん!」

ニッコリ笑顔でそう答えたAちゃん。そしてノーミスで吹けてガッツポーズをするもう一人のAちゃん。みんな頼もしい!出来る女たちです(笑)

発表会当日も午前中学校のクラブに参加してから駆けつけてくれたTちゃん。運動部で練習が厳しい中、皆と合わせる時間も少なくなりつつもリコーダーも続けてくれていて、なおかつソプラノで引っ張っていくパートを担当。不安やプレッシャーも大きかったと思います。

そして抜群の安定感のバス担当のAちゃん。(4人中3人がAちゃんだ(笑))一番お姉さんで、明るくマジメで学校のことなんかもたくさん話してくれます。皆を引っ張ってくれているさすがの上級生。


「この曲嫌や~」とかぐちぐち言いながらの和やかな練習のなかにも、一人1パートという責任感からか、やるときはやる!そして達成感を感じてくれているのが伝わってきます。本番終了後、楽屋で聞こえた声。

「楽しかった!」

これ以上の言葉はありません




pagetop
今更そんな!

というようなタイトルですが、、、


読めない~(笑)


今月はお陰さまで人前で演奏することもなく日々鍛練。来月は本番が3回。そして今回はヴオイスフルートの出番が多い。テレマンにドルネルにウッチェリーニ。
特にテレマン、こやつはなんだ!!(笑)
テレマン後期の作品なのか、予想外の音の羅列で、しかも1楽章、3楽章とも息つく暇もない、、、
ウッチェリーニも忙しいし、ドルネルもしかり。ヴオイスでここまで音数の多い曲を同時に抱えることがなかったなぁ。


そして、


アルトを持って慣れない楽譜を見たら


ト音記号がヘ音記号に見える!



リコーダーやっている人には分かってもらえると思うのですが、音が飛んだり楽譜の段が変わったりすると、ト音記号だかヘ音記号だか訳が分からなくなってくる~f(^_^)

加えてバスでのソナタもあるので、アルト指ヘ音記号率が高すぎる10月です(〃⌒ー⌒〃)ゞ
pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。