--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/01/17

ジョン・タイソン氏のレッスン

アメリカのリコーダー奏者 ジョン・タイソン氏によるレッスンを受けました。

テーマは

「ルネサンスのポリフォニーに親しむ」



20名程の受講生は老若男女。

下は10歳から

OKをいただいたので次男も一緒に参加したのです。


「えーー行かないとあかんのぉーーーー

と始めは愚痴っていた次男も会場に着くと

すっかり、一リコーダー愛好家となっておりました。

他の受講者の中には高校生の子たちも数人たので

少し安心したのかもしれません。


配られた楽譜はT.モーリーなどのルネサンス歌曲。

英語またはイタリア語での歌詞を皆で歌うことから講座は始まりました。

次男も良くわからないなりに、真似て英語の歌詞を読んでいましたよ

そして、この時代の縦線(小節線)が無い楽譜でも戸惑うことなく、

初見で、しかもテナーリコーダーで演奏している我が子に

「おおっー、お主、なかなかやるなー

と感心したのでした。



ジョン先生はとても気さくな方で、

チェンバリストで奥様で通訳もしてくださった鶴谷美之さんも明るいでした。


音楽を演奏する時に一番大切なことは


よく聴くこと


技術や音程にも気をつけなくてはいけないけれど

まずはよく聴く、自分の音、共演者の音。

よく聴いていればどんな音を出したいのか、その音が出ているか

どんな音楽をしたいのか、その音楽が出来ているかが分かる。

簡単なようで、習慣化するには常に心がけないといけません。

私も教えている子供たちに

「自分の音をよく聴いてーーー!」

ってよく叫んでます

楽譜を見て一生懸命演奏していると、

聴いているようで聴いてないことが多いのです。

ちょっと意識するだけで隋分音色がかわったりするものですよ。



そんなこんなで充実した2時間はあっという間。

次男も楽しかったと言っていたし

貴重な体験ができて、一緒に参加して良かった









スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。