--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/05/03

久々のいずみホール

ひょんなことから久々にいずみホールへ古楽を聴きに行くことになりました。日本テレマン協会の定演なのですが、オールバッハプログラム。有名どころの管弦楽組曲やブランデンブルグの4番もあったので次男も連れて行ってまいりました。

パパと待ち合わせをして、巨大な大阪駅をキョロキョロしながらも早めの夕食にイタリアン。時間も迫っていたため急いだものの結局少し遅れて大阪城公園駅へ


ホールに着いたら当然コンサートは始まっていて、1曲目の1楽章が終わったところでホール内へ。久しぶりに来たけど、木をふんだんに使った立派なホールです

この日のコンサートはウッラ・ブンディーズさんという女性のバロックバイオリン奏者の方がこの春からテレマン室内オーケストラの首席客演コンサートマスターに就任されたそうで、そのお披露目演奏会。
チェンバロに高田泰治さん、フルート&リコーダーに森本英希さんと出口かよ子さん。ということで、バイオリン、チェンバロ、フルートの活躍するプログラムでした。

ショパンやドヴュッシー、ラフマニノフあたりがお好みのピアノ弾きのパパはバロックにはてんで興味なし。でも“バイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ第6番ト長調”を聴いて「この人の弾き方いいね~」なんて言ってましたわ

管弦楽組曲第2番のフルートも素晴らしかったです。森本さんのフルートは以前、京都芸大で開かれたヤロスラフ・トゥーマ氏(チェンバロ)の公開講座の時に聴かせていただいたことがありました。そういえばシュシュのヴァイオリンさんとチェンバロさんも今度一緒に演奏されるんだったかと。

ブランデンブルグではフルート奏者のお二人がリコーダーに持ち替えて登場されました。弦隊もフルメンバー。ヴァイオリンソロも華々しく迫力のある演奏でした。ただ、大きな響きの良いホールで弦楽器がヴァイオリン7、ヴィオラ2、チェロ2、コントラバス1、チェンバロとあると笛の音が良く聞こえない…曲を知っていて一生懸命聴いて聞こえるって感じだったなぁ。座席が悪かったかな?ちょっと残念でした小編成の管弦楽組曲2番でもフルートがもう少し聞こえて欲しかった感があったしなぁ…


とはいえ贅沢な空間でゆったりとした時間を過ごすことができました。
アンサンブルをするうえでの拍子感とかフレーズの出し方、曲の中ではそれぞれのパートがが独立してる部分もありますが、必ず全員が一緒になるところが現れます。そのポイントでの一体感の出し方などで曲全体の表情が随分変わるのだろうな


このような古楽器をつかった大きなコンサートでリコーダーの登場する曲をもっと取り上げてもらえたら、たくさんの人にリコーダーの芸術性を認知してもらえるのかもしれないと思いつつ会場を後にしたのでありました


Image316.jpg
こんな立派なホールで演奏できると気持ちいいだろうな~

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。