--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/06/06

北欧の笛使い

スウェーデンのリコーダー奏者、ヨーラン・モンソン氏が近くのホールでコンサートをされるということで、せっかくなので伺いました

ヨーラン氏は4代続く音楽家の家で生まれ、スウェーデンの伝統音楽を中心にジャズ、ポップス、さらには日本のメロディーなど取り混ぜて、リコーダーやさまざまな笛をつかってのパフォーマンスをされています。

この日も和太鼓(数種類の和太鼓を取り混ぜてドラムセットのよう)と、尺八とのコラボレーションのステージでした。北欧の伝統的なメロディーは日本人でもどこか懐かしさを感じるものもあり、また日本の“さくら”をアレンジした曲もあり、北欧の民族楽器の笛と日本の尺八、音色も似ていて和と洋の隔たりを感じさせない一体感でした。

共演のリコーダー奏者・織田優子さんの音はとてもクリアで伸びのある華やかな音色でした。

ヨーラン氏の一番の見せ場は通称“箱バス”と呼ばれる大きなコントラバスリコーダーのパフォーマンス。

head_gm01_convert_20120605235713.jpg

普通リコーダーは木をくりぬいて作るのですが、これは板で組み立てられたリコーダー。上部でUターンして折れ曲がっている分の長さも合わせるとかなり長く…つまり低い音が出るリコーダーなのです。

この楽器のキーをバタバタさせて打楽器ようにも使いながら、即興ジャズのような迫力のあるパフォーマンスでした。


コンサート終了後、ロビーに降りてこられたヨーラン氏。
楽譜を購入して、サインもしていただきました

Image379.jpg

Image380.jpg


織田優子さんとも暫くお話をさせていただいて、
楽しい土曜日の午後でした
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。