--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/04/30

シュシュ スプリングコンサート

GW前半の中日、快晴の南港

DSC_0378_convert_20130430002006.jpg

DSC_0380_convert_20130430002032.jpg
さんふらわ~

アンサンブルシュシュのコンサートを今年もサンセットホールで行いました。今回は出演メンバーも多くプログラムも盛りだくさんで15時開演の18時終了予定早いメンバーは9時前から会場入りし、楽器の搬入、設営など諸々準備に追われます。チェンバロの調律が終わると順番にリハーサル。本番が3時間、ということはリハーサルはもっと長い4時間越えのリハーサルを終え本番です


オープニングとして定着したリュリ「町人貴族」のマーチ。今回は打楽器群も充実、ノリノリで迫力満点!
ルネッサンスのブロークンコンソートや初期バロックもの、バロック王道のテレマンやコレッリ、ヘンデル、パーセル、クープラン、E.バッハやモーツァルトにポンセ、最後は全員でラモーのオペラ「優雅なインドの国々」からロンドで締めくくります。


IMGP0274_convert_20130430002144.jpg
テレマン オーボエとリコーダーのトリオソナタ ハ短調

初めてバロックオーボエとご一緒させいただきました。はたしてオーボエの迫力に対抗できたのかリコーダーの音がよく響くホールなので何とかなるかと思っていたら・・・オーボエもよく響くのでした

IMGP0275_convert_20130430002239.jpg
クープラン「諸国の人々」から“フランス人”

この曲をリコーダーで参加できるなんてまず無いことでしょうから、私にとってとても貴重で幸せな経験でした。楽器の使い方を工夫して効果的でおもしろい演出になったのではないでしょうか。全員集まって練習する時間もなかなか難しく、一年に渡って練習してきた曲がようやくお披露目となりました

今回一番印象的だったのが歌とトラヴェルソの小鳥(ナイチンゲール)の掛け合いが素晴らしかったこと。ホールに甘美な声が響き渡りウットリ
小鳥の声はリコーダーの専売特許!負けてられないわよ~


連休中にもかかわらず起こしくださったたくさんのお客様ありがとうございました。人も楽器も増えてまだまだ進化しそうなアンサンブルシュシュ、これからもよろしくお願いいたします。

923519_244508995688349_1173480587_n_convert_20130430005657.jpg
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。