--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/05/02

グラウンド

シュシュのメンバーはコンサートが終わってもそれぞれお忙しい

本番翌日にはまた別のコンサートの練習をしている方が大勢

かく言う私も、とある福祉施設からいただいた演奏依頼の初合わせ。

なんでもこちらの施設、月に何度かディナーショーを開かれているそうで、なんとも優雅な施設です。

リコーダー、チェンバロ、ガンバ、リュートといった編成ですが、ばりばりバロックプログラムという訳にもいかないので有名な曲も取り混ぜながらの選曲となりました。

中でも今日一番試行錯誤しながらの練習となったのは、有名でかつ私たちの楽器のレパートリーである

「グリーンスリーブス」

誰もが知っているメロディーですが、私たちが演奏するのは

「グラウンド上のグリーンスリーブス」

グラウンドというのは同じ低音主題が繰り返され、その上でメロディーが変奏しながら進んでいく形の曲です。


難しい・・・


ひたすら繰り返される同じ和音進行をいかに変化をつけて演奏するか、それがこの曲の醍醐味

旋律楽器は楽譜に変奏がすべて記されていますから、基本音符はそのまま吹けばよいのですが、難しいのは通奏低音群。場面によってその雰囲気を効果的に出すためにいろいろと考えねばなりません。

通奏低音奏者の、チェンバロで言うところの右手やリュートなどは作曲をしないといけないので、発想や感覚、センス、技術、もちろん知識も要求される大変高度なお仕事なのです

一通りやってみたけど、もう一度それぞれ持ち帰り全く逆のパターンにしてみるとかもう一ひねりしてみて仕上げていこうということになりました


バロック期の音楽は、楽譜にある音だけを鳴らせばいいという音楽ではないので難しく楽しいのです

ちょうどフォリアにも取り掛かったところなので、しばらくこの手の曲が身につくように頑張っていこう




スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
ご訪問有難うございます
Twitter
f_becをフォローしましょう
プロフィール

f_bec

Author:f_bec
財前奈緒子 Zaizen Naoko
リコーダーを演奏しています
居住地:大阪東部

ガナッシュリコーダーアンサンブル、リコーダーデュオ deux Chantez、アンサンブルChouChou 各メンバー。柏原リコーダーアンサンブル 指導。カルチャースクールハリーEIWA講師。

これまでに弥永寿子氏、山下久子氏、秋山滋氏にリコーダーを師事。山岡重治氏、ダン・ラウリン氏によるレッスンや、リコーダー以外の古楽器奏者のレッスンにも臨み今なおステップアップに精進しています。

ランキング参加中!
↓クリックよろしくお願いします↓
人気ブログランキングへ
お気に入り
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。